Blog Archives

フルートを吹く際に飛沫が拡散しないようにという目的で、この度某楽器店が「セーフティガード」なる物を発売したので、早速買って検証してみた。 パッケージには分解された状態で入っていて 組み立ててから付属のシートを被せていく […]

COVID-19の感染第2波の真っ只中だが、徐々に対面レッスン再開の世の中である。 自分が講師を務めている「MFLC」では7月に再開された。しかし感染防止を徹底する為、以下の対策がなされている。 通常は曜日あたり7〜8ク […]

…来年の今頃はどうなっているか判らないが、とにかくホールは確保しておきたい… 今日はそういった人たちばかりが集まっていると思う。さいたま市文化センターでの、来年度のホール獲得抽選会だ。2021年度5月と6月分。先月は「緊 […]

…の筈だった。 だが実際はもう周知の通り。今日予定されていた「湯本フルート教室 第5回アンサンブル発表会」は中止にせざるを得なかった。こんな事になるとは…。 これまでの経過はこんな具合である。 2019年5月 これまでの […]

インターネットのお蔭で、外出自粛の世の中でも大概の用はこなせるようになった。生身の人間同士の接触はできなくても、画面越しなら可能なので、仕事や会議や飲み会お茶会、そして各種講座やレッスンも今やオンラインという時代。 限ら […]

三角関係

水曜日 , 28, 2月 2018 三角関係 はコメントを受け付けていません

所謂大手の音楽教室というものは生徒と先生の間に先ず「窓口」というものが存在する。入退会の申し込みや時間についての諸連絡などはこの窓口(=受付)に対して行ない、その担当者がそれを先生に伝える。例えば「電車が止まっちゃったの […]

幾つかの公演に先立って、まず藝フィルのメンバーが現地の子供達を指導するというムチャブリがある。 英語は殆ど通じないとも言われていて、こちらも多少はスペイン語を予習しておかねばならなかった。 指導とかいうから中級程度の子供 […]

5月から6月にかけて、本当に今までにない程のキツいスケジュールが続いたが、それに追い討ちがかかったのがMFLCでの特別プログラム「大人の為のグループレッスン」であった。 5月から毎週水曜日の夜で計8回、つまりドンピシャで […]

構えについて 総銀製のフルートだと、その重さは400〜500g位か。そもそもそんな重さの物をずっと横に持ち上げている訳だから、フルートを構えて吹く、というのは結構キツい作業なのだ。 とはいえ、フォームに関してはやはり最初 […]

先月、某フルート専門雑誌から原稿の依頼が来た。テーマは「挫折の乗り越え方」 特にシニア層を対象とした記事らしい。大人になってからフルートを始めた人がぶつかりがちな壁について、傾向と対策をという訳である。 実際、自分の生徒 […]

​例えば吹奏楽部にて、初心者の新入部員に先輩が吹き方とかを教える場合、もし何か間違った奏法を教えてしまったとしたら… 多分それは、その後「伝言ゲーム」よろしくずっとずっと伝わっていく事であろう。10年も20年も。恐ろしい […]

No newer/older posts