1の結果を表示中
FLUTE, SCORE, YUMO Theory

[曲紹介]ダマーズ作曲 24の練習曲

フランス近代音楽界の巨匠、ジャン・ミシェル・ダマーズ氏は1928年生まれ、そして2013年に85歳でこの世を去ったフランスの作曲家兼ピアニストです。数多くの器楽曲を作曲しましたが、中でも「フルートとハープの為のソナタ」「演奏会用ソナタ」や「木管五重奏の為の17の変奏曲」はフルート吹きにとってはお馴染みかも知れません。
フルートの為の練習曲集も何集か書きましたが、この曲集はフルート奏者:故アラン・マリオン氏に贈ったエチュードで、上級者の為の「新古典主義的練習曲」とされています。
如何にも彼らしいエスプリに富んだ曲想ですが、同時に予想をはるかに超える音楽展開で、結果的にかなり難易度の高い曲集となっています。

現在、この出版社の表紙デザインは替わっています。

この練習曲の特徴

「24の〜」といわれると、アンデルセンやベームのそれのようにC-Durから始まってシャープ或いはフラットが1つずつ増えて…長短24調全部経由するイメージですが、このエチュードは全くそれとは無関係です。
しかしながら各曲共必ず調性は定まっています。定まっていますが、調号は無く、全て臨時記号のみで書かれています。あまりにも転調が多いからでしょう。それ故臨時記号の有効性については、こと細かくチェックする必要があります。

曲の最初と最後で調性が変化しているのは第17番と24番のみ。それ以外は必ず元の調に収まっています。しかも圧倒的にG-Dur又はmollが多く、半分以上の13曲を占めています。それ以外ではC:が4曲、D:が2曲、フラット系はF: B: As:がそれぞれ1曲ずつ。しかしながら各曲中では、意外な所に転調するパターンで埋め尽くされているので、基本の調の多様性についてはそれ程重要でもないという事でしょう。

そしてもう一つの重要な特徴ですが、強弱の指定が一切ありません。これは恐らくずーっと同じ強さでという事ではなく、奏者のセンスでいろいろ付けてみてください、という事のようです。
速度についても、例えばAllegroとかAndanteとかの表記もなく、ただただメトロノームの数字のみです。これにもやはり、奏者の自由な発想を妨げないようにという、作曲者の意図が感じられます。


さてここでは、この“超マニアック”なエチュードを1曲ずつ実演を添えて紹介していきましょう。おそらく殆どの人があまり吹く事のないと思いますが、ダマーズ氏独特の音楽世界の片鱗を少しでも味わっていただけたら幸いです。

演奏ページへ▸▸