6の結果を表示中
FLUTE, SCORE, YUMO Theory

[曲紹介]ダマーズ作曲 24の練習曲

フランス近代音楽界の巨匠、ジャン・ミシェル・ダマーズ氏は1928年生まれ、そして2013年に85歳でこの世を去ったフランスの作曲家兼ピアニストです。数多くの器楽曲を作曲しましたが、中でも「フルートとハープの為のソナタ」「演奏会用ソナタ」や「木管五重奏の為の17の変奏曲」はフルート吹きにとってはお馴染みかも知れません。
フルートの為の練習曲集も何集か書きましたが、この曲集はフルート奏者:故アラン・マリオン氏に贈ったエチュードで、上級者の為の「新古典主義的練習曲」とされています。
如何にも彼らしいエスプリに富んだ曲想ですが、同時に予想をはるかに超える音楽展開で、結果的にかなり難易度の高い曲集となっています。

現在、この出版社の表紙デザインは替わっています。

この練習曲の特徴

「24の〜」といわれると、アンデルセンやベームのそれのようにC-Durから始まってシャープ或いはフラットが1つずつ増えて…長短24調全部経由するイメージですが、このエチュードは全くそれとは無関係です。
しかしながら各曲共必ず調性は定まっています。定まっていますが、調号は無く、全て臨時記号のみで書かれています。あまりにも転調が多いからでしょう。それ故臨時記号の有効性については、こと細かくチェックする必要があります。

曲の最初と最後で調性が変化しているのは第17番と24番のみ。それ以外は必ず元の調に収まっています。しかも圧倒的にG-Dur又はmollが多く、半分以上の13曲を占めています。それ以外ではC:が4曲、D:が2曲、フラット系はF: B: As:がそれぞれ1曲ずつ。しかしながら各曲中では、意外な所に転調するパターンで埋め尽くされているので、基本の調の多様性についてはそれ程重要でもないという事でしょう。

そしてもう一つの重要な特徴ですが、強弱の指定が一切ありません。これは恐らくずーっと同じ強さでという事ではなく、奏者のセンスでいろいろ付けてみてください、という事のようです。
速度についても、例えばAllegroとかAndanteとかの表記もなく、ただただメトロノームの数字のみです。これにもやはり、奏者の自由な発想を妨げないようにという、作曲者の意図が感じられます。


さてここでは、この“超マニアック”なエチュードを1曲ずつ実演を添えて紹介していきましょう。おそらく殆どの人があまり吹く事のないと思いますが、ダマーズ氏独特の音楽世界の片鱗を少しでも味わっていただけたら幸いです。

演奏ページへ▸▸

SCORE, YUMO Theory

[演奏メモ]ラフマニノフ作曲ピアノ協奏曲第2&3番

ここでは筆者の演奏経験を元に、オーケストラのフルートパート譜について気をつけている事などを簡単にまとめております。
今回はラフマニノフのピアノ協奏曲第2番と第3番についてです。

ラフマニノフはとても手が大きかったそうです。12度、つまり1オクターヴ+5度が楽々届いたそうで、このピアノ協奏曲第2番のまさに出だしの音がその広さなのです。しかしながら、大抵のソリストがそれは届かないからと和音を分けて弾いているのを聴いて、筆者は1つの疑問を感じました。じゃあこれは誰が弾く為に書いた曲なのか?単純に「この和音が欲しかった」と言われればそれまでですが、この曲が後世にこうして残り、彼よりも手の小さい沢山のピアニストがこの曲を弾くことを思えば、音の配置について何がしかの配慮はなされなかったのかな…なんて思います。
ピアノ協奏曲に限らず、ラフマニノフの音楽にはもう最高にロマンティックな美しいメロディーが沢山出てきますが、この一件が気になってからはどうもそれら全てが綿密に計算された策略のように思えて仕方ありません。具体的には「こういう風に作れば聴衆は泣くだろうな」という…。でもそれは一つも悪いことではないと思います。音楽家は人を感動させるのが仕事ですから。

各項目「♪」についての共通事項
第1フルートに関する事 …〈1fl.〉
第2フルートに関する事 …〈2fl.〉
両者に関する事 …〈1&2〉
とし、[1]等の数字表記は各譜例の指摘箇所を示します。

【ピアノ協奏曲第2番】
♪〈1&2〉[1]この曲の第1&3楽章について、特筆すべき事はあまりありませんが、強いていえばフレーズ終わりのテンポの変化には気をつけておきましょう。つまり、何も指定がないからといって変化がないわけではなく、ソリストとのアインザッツや、または習慣的にrit.する場合があります。例を挙げれば、練習番号④の4小節目や⑭の8小節目。第3楽章では㉚の15小節目、㊱の14小節目等。
♪〈1fl.〉[2]第2楽章冒頭は、作曲者のトリッキーな一面をさりげなく象徴している所で、最初のピアノソロは聴いている誰しもが『大らかな3拍子の音楽』と勘違いするでしょう。しかしこれは3連符が4つ並んだ4/4拍子の音楽で、その種明かしをするのがこのフルートソロの役目です。ですので、くれぐれもピアノの「4連符×3」のマジックにフルート奏者自身が騙されないように。そしてできれば、このソロは“一息”で行きたいところです。大きくブレスして、⑰1小節目のcresc.であまり息を浪費しない事がコツです。
♪〈2fl.〉[3]ピアノのカデンツァ最終部を締めくくる大切なフレーズですが、あたかも一人で3度のハーモニーを奏でているように聞かせるコツは、2nd.がヴィブラートの“揺れ具合”をできるだけ1st.のそれに合わせる事です。一見難しい事に思えますが、自分のヴィブラートがうまくコントロールできさえすれば、意外とできるものです。密かに(笑)挑戦してみましょう。
♪〈2fl.〉[4]㉗からの3連符は8小節間は1stFl,2ndFl,そして1stCl.による3和音、そして9小節目の2拍目以降は2ndFl.と1st&2ndCl.による3和音となります。従ってここからは2nd.がメロディーラインになるので、低音ですがよく響かせましょう。但しダイナミックのラインは一応正確に。

【ピアノ協奏曲第3番】
この曲のフルートパートの難易度や重要性は第2番よりもはるかに高く、高度な技術と音楽性が求められると思います。楽譜には随所に「Solo」とありますが、この記号の有無は100%正確という訳ではありません。書いていないのにSoloだったり、SoloというよりはSoli(複数)だったり。要するにどの部分もかなり重要です。
♪〈1fl.〉[1]何となく入ると必ず“喰いつき”が遅れます。あまり16分休符を意識せず、スッと入るようにしましょう。leggieroとありますが、リズムはしっかり吹いておかないと、後続のCl.やOb.に迷惑がかかってしまいます。
♪〈2fl.〉[2]ヴィオラと同じ動きですが、一応メロディーラインです。1st.は休みなので、Soloのつもりで吹いて良いと思います。練習番号⑤の2小節目3拍目B音はスラーがかかっていますが、タンギングします。
♪〈1fl.〉[3]ここのフレーズは完全なソロです。次の3/8のスケルツォ風の音楽に繋がる重要な“リズム係”ですので、歯切れよくいきましょう。
♪〈1&2〉[4]ある意味、この全曲中もっとも厄介な部分です。「ad lib.」とあるのは俗にいう「即興」という意味ではなく「吹く吹かないはどうぞご自由に」という事のようですが、筆者は今まで吹かなかった事はありません。余程指揮者が何か言わない限り、必ず演奏します(なまじ小さい音符で書いてあると、読み辛くて仕方ないのですが)。ソロピアノはシンコペーションのリズムなので、これを聴いていると拍感が判らなくなってきます。ホルンやベースのリズム隊がある程度助けになるでしょう。後の再現部でも同じです。
〈2fl.〉[5]そして㊸の4小節前から2人の掛け合いが始まりますが、問題は2nd.の最後の1拍です。ここは曲想の変わり目なので、指揮者とソリストが息を合わせる瞬間、必ずといっていい程一瞬軽いブレーキがかかります。「かけない」と言ってもかかります。ですので2nd.奏者は㊸頭のH音に入る時は、少なくとも滑り込まず気をつけて合わせるようにしましょう。
〈2fl.〉[6]ここの吹き始めは、1st.より1小節後から追いかけるように書かれていますので念のため。
♪〈1&2〉[7]そしてここが曲中一番運指の難しい箇所でしょう。しかしこれが仮に1オクターヴ低かったら、逆にもっと吹き辛かったと思います。2人でユニゾンですから、協力すれば4回分は何とか行けると思います。その際、やはりA-Ais-Hの動きを大切に。
♪〈1&2〉[8]ここのOb.のガイドは「2回目」です。直前にカデンツァが挟まるので解りにくいですが、Vivacissimoに入って間もなくこのガイド通りの事が起こるので、最初のうちはつい間違って入ってしまいがちなのです。もう12小節待ちましょう。また、その後は1st.と2nd.の音高が度々逆転するように配置されています。念のため。

この2曲のコンチェルトは両方共最後のフレーズがなく、フルートだけ一足先に「お疲れ様〜」と上がるように(?)できています。正確には第2番はFl.とOb.だけが、第3番は木管セクション全体が休符です。心理的にはどうせなら最後まで一緒に「ジャンジャカジャン」と行きたいところですが。各楽器の音域よりも、その時の音色を重視する姿勢に、やはりここにもラフマニノフ独特の作曲技法における「客観性」が表れている気がします。

SCORE, YUMO Theory

[演奏メモ]ジェルジュ リゲティという作曲家

…のオーケストラ作品集というコンサートが過去にありまして。
ジョルジュ・シャーンドル・リゲティ(1923〜2006)は、J.ケージ・K.シュトックハウゼン・O.メシアン等と並ぶ代表的な現代音楽の巨匠ですが、この演奏会での体験はかなり印象深いものがありました。
要するにどの曲もこれまでにない程の難曲だった訳ですが、今回はその一部を過去の記事を元に再編しておきましょう。

まず驚いたのが、そのスコアの緻密さです。ライセンス上その詳細は省きますが、その殆どがまるで某国の絨毯、或いは匠(たくみ)のナントカ細工のように、非常に細かい音符が綺麗に散りばめられ、別の意味での芸術品にもなり得る程「見た目」が美しいのです。
という事はつまり、その細かい音符を演奏しなければならない訳で、とにかくそれがいちいち難しく、さらっていると指だけでなく目や肩にも負担がかかってきます(苦笑)。
そして時には、これまでのオケパート譜にはなかった演奏指示もありました。

怒涛のパート譜

【パターン1:音域外の音】
ヴァイオリン協奏曲ではピッコロに第4オクターヴのD音が出てきます。これはピアノの一番右側にある鍵盤よりも更に高い音で、楽器によっては最早どんな運指でも音は出ません。筆者の場合はピッコロの頭部管だけを使い、アルミ棒を差し込んで、何とかその音を出しました。

【パターン2:リコーダーの持替え】
同じくヴァイオリン協奏曲では1st.Fl.がアルト・リコーダーに、そして2nd.Fl.がソプラノ・リコーダーに持替える場面が出てきます。このようにFl.セクションがリコーダーに持替えるオケ曲は他にもない訳ではありませんが、この曲の場合はオーボエやクラリネットが何とオカリナに持替えて吹いたりもしますので“見どころ満載”です。

【パターン3:実はSoloではなくSoli】
13奏者の為の小協奏曲では恐ろしく速い32分音符が延々と続く部分が後半に登場します。ピッコロのソロならまだしも、実はバス・クラリネットも4オクターヴ下で全く同じことをやっているので、一緒に進まねばならず、誤魔化す事はできません。ですが、これがピタッと揃った時の音楽的効果は、決して他の作品にはない魅力が出ると思います。

【パターン4:指揮者と違う拍子で演奏しなければならない】
例えばピアノ協奏曲の一部ですが、いわゆる小節の中の「譜割り」がパートによって違い、基本の拍子は8分の12拍子、ところが自分のパートは「2+3+3+4」みたいな事になっています。他のパートの事もあるので指揮者は普通に12/8で振り、自分はそれを見ながら「2+3+3+4」とやっていかねばならず、凄まじい“脳トレ”だったのを憶えています。

【パターン5:指揮者と違うテンポで演奏しなければならない】
これが一番インパクトありました。13奏者の為の小協奏曲にて。ある部分では指揮者が4拍振る間に自分は5.5拍分の小節をこなさねばならなかったり、またある部分では指揮者がリタルダンドしているのに自分はテンポキープで進む…そうすると、指定の場所で全体が合うようにできていたり等。
いうなれば指揮者とオケの関係を覆すような場面でした。

リゲティといえば、管楽器奏者にとっては「5つのバガテル」という木管五重奏曲が比較的ポピュラーで、とても聞き映えのする楽しい曲ですが、一方でこんなに深い作品があるとは、ある種のカルチャーショックを感じた次第です。

SCORE, YUMO Theory

[演奏メモ]チャイコフスキー作曲“三大交響曲”のピッコロ

ここでは筆者の演奏経験を元に、オーケストラのフルートパート譜について気をつけている事などを簡単にまとめております。
今回はチャイコフスキーの7つの交響曲のうち、ポピュラーな第4,5,6番のピッコロ・パートについてです。

交響曲第5&6番は3rd.Fluteとの持替えですが、ここではPiccoloのみについて記述します。

【交響曲第4番】
第3楽章
[1]30分以上待たされた挙句、いきなり高音から始まるメロディーですが、第169小節の後半はピッチが不安定になりがちですので要注意。
[2]有名なソロです。指定はPになっていますが、まずPで吹く人はいないでしょうね。。。しかし、だからといって絶叫っぽくは吹かない方がいいと思います。五線の中の音域が重たい感じになってしまいますので。
第195小節のHigh-F(○印)がちゃんと鳴るようにしましょう。筆者の場合は替え指を使っています。そして次の小節の一番最後のHigh-As(○印)も。
短いフレーズですが、とても奥深いので、いろいろ工夫を凝らし、そして考えながら百万回位(笑)繰り返して練習し、ポイントを掴んでこのワンチャンス(正確には2チャンス)に集中する、という事でしょうね。
ただこの中間部では、本番中でも『心の中で』リハーサルができる部分があります。第170小節からの金管群のメロディーに乗って、このフレーズを何度もイメージできます。そうして『本番』を迎えるのもコツのひとつでしょうね。
[3]第357小節はpiúf、そして361小節はmfとなっていて、一見piúfの方が強く吹くように見えますが、実際は逆です。というのは第349小節からの1st.&2nd.Fl.はpp、そしてpと来るので、357小節は「それよりは大きく」という意味です。要するにmp辺りが妥当ですが、作曲者が敢えてそう書いていないところが興味深いですね。ただ、ここのメロディー部分はピッコロと1st.Ob.だけなので、バランス的には少し目立った方が良いかも知れません。

第4楽章
[4]あまり特筆すべき所はなく、皆と一緒にノリノリで吹いていけば(笑)と思いますが、注意すべきは第266小節目からのフレーズです。オケ全体がシンコペーションで、各拍の頭を奏しているのはシンバルのみ。筆者の経験では、各駆上がりの頂点の八分音符(○印)を割とテヌート気味に吹いていくと上手く乗れると思います。第268小節の最後の駆け上がりがくれぐれも遅れないように…。

【交響曲第5番】
全楽章、チョコマカと持替えがありますが、“ピッコロらしさ”が発揮される部分は殆どありません。強いて言えば第3楽章中間部の16分音符群位でしょうか。それ以外は他パートの音域的補助や、Tuttiのサウンドに色を添える程度です。
[5]その第3楽章第92小節ですが、慣れるまではしっかり拍を数えておいた方が良いです。3/4拍子なのにこの辺りは2拍子っぽいフレーズがずっと続きますので。また、第96小節の3拍目からのキャラクターの変化、特にダイナミックスをサッと落とす事に気を付けますが、同時に小指1本の「Fisis-Gis」の反復が滑り易いので、それも注意しましょう。

余談ですが、昔とあるオケのとある公演にてこの曲を演奏した時の事。その時の指揮者(エリアフ・インバル氏)に、このパートの第4楽章のコーダ(ホ長調〜)を丸々ピッコロで吹くよう指定された事があります(オリジナルは3rd.Fl.)。その結果、全体のfffの中でもひときわピッコロが目立って聞こえるようになりました。お蔭で実に“持替え甲斐のあるチャイ5”だったのを憶えています。

【交響曲第6番】
第1楽章
この曲でもピッコロは「音域捕捉係」として働く場面が多く、“らしさ”が出ているのは展開部の第255〜258小節のたった4小節のみ。チャイコフスキーはこの楽章のTuttiに於て、あまり煌びやかなサウンドは求めていないようです。しかしながら、冒頭第48小節に出てくる小さなフレーズ[6]は、ピッチを2nd.Fl.や1st.Cl.と合わせるのは至難の業です。最初のCisを“高めの替え指で低めに入る”というのがコツかも知れません。

第3楽章
この楽章では最初から最後までピッコロのみですが、割と低い音域でfff等が連発されたりします。高音域のフレーズ部分は流石にピッコロの存在感満載ですが、決してソロではなく必ず何処かのパートと同じ事をやっていますので、常にそれを聴き一緒に進んでいくようにしましょう。
例えば、[7]第37小節&175小節からのフレーズはかなり目立ちますが、第1ヴァイオリン及びチェロのピッツィカートと同じ音型です。弦をはじくような鋭いタンギング、そして適度に響きのある音で。あくまでもpですので、差し当たりあまり強くは吹かない方が良いでしょう。周りは皆3連符なので、くれぐれも八分連符は釣られて流れないように。

SCORE, YUMO Theory

[演奏メモ]ショパン作曲 ピアノ協奏曲第2番

ここでは筆者の演奏経験を元に、オーケストラのフルートパート譜について気をつけている事などを簡単にまとめております。
今回はショパンのピアノ協奏曲第2番です。

ショパンのピアノ協奏曲の第1番と第2番が、実はできた順番が逆、というのは有名な話ですが、ついでにピアノのソロはあんなに素晴らしいのにオーケストレーションについてはからっきしヘタ、というのもよく聞かれます。
本当にそうなのでしょうか?少なくとも自分にはあまりそれは感じられず、特にこの2つのピアノ協奏曲に於けるソロピアノのサポートは絶品だなぁ、なんて思うのです。個人的には弦楽器群によるフワッとした“空気作り”が大好きですね。

ただひとつ、この2つのコンチェルトについて共通に気になることがあります。良し悪しということではないのですが、それは「リフレインが異常に多い」ということです。具体的には、同じフレーズを2度繰り返す場面がなんて多いのか。しかしながら、これを仮に1回ずつにしてみると曲の長さはそれこそグンと短くなるものの、とてつもなく変な曲になってしまいます。やっぱりフレージングって大切。ちゃんと2回ずつ出てくるのはそれなりに意義があるのでしょうね。
でも、2回あるからといって特に違い(例えばダイナミックスに違いをつけるとか、或いは何か装飾するとか)を付けるような指定は殆どしていません。その辺のショパン自身の心理みたいなものを探ってみたいものです…。

各項目「♪」についての共通事項
第1フルートに関する事 …〈1fl.〉
第2フルートに関する事 …〈2fl.〉
両者に関する事 …〈1&2〉
とし、[1]等の数字表記は各譜例の指摘箇所を示します。

【第1楽章】
♪〈1fl.〉[1] 第41小節はソロです。pから入ってクレッシェンドとあるのは、オーボエからメロディーが移ってくるからです。従ってFのピッチに注意です。その次の小節でオーボエは6度下に回ります。このコラボは後にピアノソロでも出てきますが、音域的にはオーボエが勝ってしまいがちなので、少し音量は大き目が良いと思います。但し、第45小節は弦楽器にメロディーが移るので、サッとppに落とす方が効果的です。
♪〈1&2〉[2] 第56小節はクラリネットから引き継がれるソリで、特に1st.は2拍目にfがくるとそれまで小さく吹きがちですが、どうやらこのfはtuttiのfの意味のようです。従って両奏者共mf位でスタートして良いかと思われます。
♪〈1&2〉[3]この曲のパート譜は全体的に小さめに印刷されていますので、何処までがガイドで何処からが本音符か、判り辛いことがあります。第180小節はガイドではなく本音符ですので、一応念のため。
♪〈1st.〉[4]第200小節から252小節までの間はショパン独特の展開部の空気が流れていますが、各木管の1st.が常にソロやソリで色付けをしています。基本的にはダイナミック通りに吹きますが(筆者の経験では)第236小節のソロと第249小節辺りは音域的にフルートは埋もれがちですので、mf位で吹いても良いかも知れません。

【第2楽章】
♪〈1&2〉[5]あまり音のない楽章ですが、出てくる音がいちいちセンシティブです。特に第24〜25小節・第59〜62小節、そして第70〜72小節については音色・ピッチ・ダイナミックスに細心の注意を払うべきでしょう。
♪〈2nd〉[6] 第92小節、ここについては昔から疑問を感じています。何故ここだけ2人でユニゾンなのか?ショパンに何か思惑があったのか?若しくは何処かの段階でミスがあったのか?未だに謎ですが、ユニゾンで吹くとどうしても音量が増してしまいます。くれぐれも雰囲気を壊さぬよう…(過去にはこの部分を休みにしたこともありました)。

【第3楽章】
♪〈1st〉[7]第134小節は(有名な)楽譜のミスです!4小節前のクラリネットとリズムを合わせてBを四分音符、Esを二分音符にしてください。
♪〈1st〉[8]ここのソロで、特にフレーズ終わりの第140小節ではテンポに注意しましょう。指揮者が「rit.」の気配を示す場合があります。少なくともこの音域は運指の都合で「つるッ」と滑りがちなので、是非慎重に。
♪〈1&2〉[9]テンポの表示は何も書いていませんが、既に伝統ともなっているMeno mossoやrit.があります。フルートが関係する所は第404小節と、それから第491〜492小節。ここで大きなrit.がありますので要注意。特に後者は“ブレーキ”というより、最早“シフトダウン”の領域です。