敬愛する我が師匠(4)〜キューピッドのマーチ

川崎優先生は作曲家としても多くの作品を残してくれた。フルートや吹奏楽は元より、オーケストラ・弦楽・オペラ・合唱・ピアノ・そして校歌…etc. 編曲集も多数出版されている。その作風はいろいろある。子供向けの純粋な感じのメロディーから、「12音技法」という複雑な作曲法に基づく現代音楽まで。思わずノスタルジィに浸ってしまうようなのもあれば、物悲しさに涙してしまうような名曲もある一方…

「敬愛する」という以上はその全てを絶賛すべきかも知れないが、、、実は正直言って理解に苦しむ曲もまあチラホラ。以前「茅笛の会」の公演楽屋にて、川崎先生のとあるオリジナル曲をさらっていたK先生が思わず「しかしまぁ、何度吹いても、おもろない曲やなァ」とこぼして、楽屋内が大爆笑だったのを憶えている。

そんな中、川崎先生が1983年に吹奏楽連盟の委嘱により作曲されたコンクール用課題曲「キューピッドのマーチ」という吹奏楽曲がある。これについては昔にも同じような記事を書いたが、あまりにもインパクトが強いので、ここで再び記しておきたい。
メロディーやハーモニー等、曲構成は極めて単純で、いや単純すぎるせいか(失礼ながら)この曲を選択する学校は少ないかも、と当時は思っていたのだが…

変ホ長調、2分の2拍子。いきなり下降型の音階から始まる8小節のイントロ。
明朗な第1テーマ。このメロディーの特徴は、完結する所でいきなり同主調(変ホ短調)になる点。これにはビックリさせられた。まるで「蒲田行進曲」的なユーモア。
続くつなぎの部分では、途中から先程のイントロが途中から重なり、合わなそうで合うようになっている。
また第1テーマ。お決まりの中低音のオブリガート付。そこここにいろいろな長さのクレッシェンドやデクレッシェンドがあって、音楽をもり立てる。
また音階が出て来て次にトリオへ。変イ長調のテーマは分散和音が主体。それからの盛り上がりが作曲者独特の和声展開だが、特に型を崩す事なく、極めて平和な雰囲気でこの行進曲を閉じる。
専門用語が並んでしまったが、つまりまさにマーチの基本中の基本とも言える曲。結果的に純粋で素晴らしい名曲なのだが、逆にバンドの能力(音色・音程・リズム感etc.)が一発で解ってしまう曲でもあるのだ。なのでプロでも調子の悪い時などは、あまり演奏したくないだろう。毎夏の課題曲は(変な新曲が並ぶよりも)この「キューピッド」とスーザのマーチだけで十分だと、真面目にそう思う。
どんな経緯か忘れてしまったが、実はこの曲の作曲者直筆サイン入りの楽譜セットを自分は持っている。これを使う機会はまず無いかも知れないが、自分にとっては宝物の一つである。

川崎先生は9曲の校歌も作曲しているが、そのうち埼玉県の「川越東高校校歌」は自分がこの学校で一時期教えていた際に、先生に委嘱したものである(当時は新設校だった)。
また、2007年夏の甲子園全国高校野球大会14日目の準決勝戦は、広島の広陵高校対静岡の常葉菊川高校戦だったが、両校共校歌は先生の作曲である。つまりどちらが勝っても、甲子園には川崎先生の曲が流れる訳で、こういう機会は後にも先にもまず無いだろう。NHKも少しはこの辺の事、話題にして欲しかったナ。
(次記事へ続く)


カテゴリー: ブラスバンド, 作曲家作品研究, 思い出 | タグ: , , | コメントする

敬愛する我が師匠(3)〜かやぶえ

芸大の入試に受かって間もなく、川崎先生に「僕の会があるんだけど入らない?」と誘われ、二つ返事で入会したのが、先生の門下生を中心とした「茅笛の会」というフルートの会だった。「かやぶえ」と読み、先生のお住まいのある茅ヶ崎市から一文字拝借したそうな。

メンバーは蒼々たる顔ぶれが並び、日本を代表するフルーティスト、各音大の教授陣、オーケストラの奏者、楽器店社長etc….皆んな川崎先生にお世話になった方々である。
会の運営はその偉い方々が担当され、年に1回はコンサートがある。所謂発表会的なものだが、ソロありアンサンブルあり、そしてフルートオーケストラも。会場も東京だけでなく、静岡、長野…そして遂にはヨーロッパ・ツアーもあった。ただ、費用は参加者負担なので、流石に海外公演には自分は経済的理由により参加できなかったが。

自分もここでは、いろいろと出演させて頂いた。ソロでオネゲルの「めやぎの踊り」やメシアンの「黒つぐみ」を吹いたり、弦楽器の方とモーツァルトの四重奏曲を吹いたり、フルート・オケをバックにソロを吹いたり、逆にバックのオケでバスやコントラバス・フルートを吹いたり。他の出演者自体が既に大先生や大先輩なので、その方達の前で吹く訳だからもう…メチャクチャ緊張モノである。

1984年の長野公演リハーサル

その中で川崎先生はといえば、フルートオケの為のオリジナル曲やアレンジ作品をどんどん作り、自らタクトを振る。本番後の宴会では大勢の弟子達に囲まれて祝杯を挙げ、幸せそうな笑顔を振りまいていた。

1986年の静岡公演(奥の顔半分が自分)

さて「茅笛の会」はコンサートだけでなく、大々的な合宿もあった。とはいえ中高生のそれとは違って、アルコール付きの愉しいOBOGの交流会だ。長野県北部の山田牧場にてフルートオケ等練習し、それから下(長野市内)に降りて来て本番。そういえば音楽鑑賞教室もあったか。静岡公演も、基本前日会場入りで翌日帰京という泊りがけのスケジュール。そのどれもが実に楽しい思い出だ。

1988年夏・山田牧場「喜峰荘」にて(右端のBassFl.が自分)

だが「茅笛の会」はその後1995年のコンサートを以て解散。川崎先生は女性だけのプロのアンサンブル「ムジカ・フィオーレ」を結成し、こちらを中心に活動を始められた。その「フィオーレ」の後は静岡にて「ムジカKayabue」を結成。この時既に御歳75を超えていらっしゃったと思うが、そのヴァイタリティがとにかく凄い。これもやはり若い時のご苦労の反動故の、ハングリー精神に因るものであろう。自分も見習わなければ。

そして川崎先生が遂に米寿を迎え、その記念コンサートが予定されていたのだが、その直前に東日本大震災が起こり、残念ながらイヴェントは中止となってしまった。3年後の2014年に浜松にて改めて開催され、勿論自分も駆けつけて参加。流石にご老体には一晩立ちっぱなしで棒を振るのはキツかったようで、一部の曲は急遽自分が先生の代わりに棒を振らせて頂く事になった。今思えば、返す返すも光栄極まりない事である。
(次記事へ続く)


カテゴリー: 思い出 | タグ: , , , | コメントする

敬愛する我が師匠(2)〜壮絶な戦争体験

毎年8月6日の朝8時、この日のNHKは朝ドラでなく、広島市の平和公園からの中継がある。言わずと知れた原爆の平和祈念式典である。
式典の最中、ずっと後ろでバンドがBGMを演奏しているが、この曲の曲名は「哀悼歌」作曲者は他でもない、川崎優先生である。先生自身、昭和20年8月6日の朝8時15分にまさに爆心地から僅か1.5kmの所に居た被爆者の一人であった。
先生の左耳の後ろに焼けただれたような傷跡があり、自分も学生の頃からそれが気になってはいたのだが、間もなく先輩にそれが被曝した時の傷と知らされ、ショックを受けた次第である。

献花式には在りし日の平和祈念式典でのスナップが展示されてあった。

川崎先生のお父上は、田谷力三や三浦環等と共に活躍したオペラ歌手であった。優先生は東京生まれであったが、折しも日本は軍国主義時代となり、お父上の故郷である広島〜再び東京〜そして中国の奉天に移り住む。「作曲家になりたい」と思ったのはその頃であった。「作曲家になるには、何かの楽器のエキスパートであった方がいい」というお父上の薦めでフルートを始め、翌年東京音楽学校フルート科に入学したそうだが、このお父様のアドヴァイスは流石その通りだなと思う。入学後は同時に作曲も諸井三郎氏の下で学んだそうだ。

入学して2年目の時に、優先生は陸軍の軍楽隊に志願したが、近視が原因でそれは叶わず、その代わり一般兵として広島に配属される。その後韓国に飛ばされたり、戻らされたりだったそうだが、その間の厳しい訓練と上官の“しごき”は想像を絶するものだったらしい。遂に先生は身体を壊してしまい、陸軍病院に入院、退院後も1ヶ月程広島の親戚の家にて療養する事になったが、そこで「運命の日」を迎える事になる。

原子爆弾によって家はめちゃめちゃに壊れ、優青年は瓦礫の下敷きになってしまった。何とか助けられて一命は取り止めたものの、左耳の後ろに深い傷を負ってしまった。放射能による白血球の減少のせいで傷は化膿してしまい、その後もケロイドに悩まされた。そして周囲は何処もかしこも、まさに地獄絵図の様だったそうだ。
兵役生活と原爆とで、身も心もボロボロになってしまった若き青年を引き取って療養させてくれたのは、親戚の農家だったそうだ。

そうして日本は敗戦し、戦争は終わった。川崎先生は日に日に回復し、遂に東京音楽学校に戻る事ができた。悪夢のようなブランクを乗り越えて、復帰後も必死で勉強し、晴れて卒業。その後、アメリカ留学などの経験を経て、芸大フルート科の講師となった。
その生徒の恐らく初代に当たる方が、元N響奏者で、東京音大の学長も務められた植村泰一先生であり、最後の生徒は定かではないが、4年間しっかりついたのだとしたら、それは多分湯本洋司だと思う。
レッスンの傍ら、川崎先生は大学のオーケストラでも吹いていた。そう、現在自分の所属する現:芸大フィルハーモニア管弦楽団の大先輩でもあるのだ(因みに在籍していたのは昭和25年位から約10年間。自分が生まれる前の話である)。

15年程昔だったか、先生との会話で「湯本クン、僕はこの間ね、漸くね、原爆症が治ったんだよ〜」と嬉しそうだったのを記憶している。聖路加病院で耳の裏を綺麗に治療してもらったそうだ。計算してみると被曝から60年後ということか!
あまりに酷い体験故か、昔は先生は戦争や原爆の事を自らはお話しされなかった。このような事実を知ったのは、割と最近の事である。

だが!復帰後の川崎先生は特に作曲家として、国内外を問わず堰を切ったような大活躍だった。当然フルートや吹奏楽曲が圧倒的に多く、奥様がヴァイオリニストなので弦楽器の曲も多い。
そうこうしているうちに門下生も増え、そうなるとフルートアンサンブルを結成し、オリジナル曲を作り、自らタクトを取るというのも、至極自然な流れだ。自分もそれに加わって、幾度かコンサートに出演させて頂いたりするようになった。
(次記事に続く)


カテゴリー: 思い出 | タグ: , , | コメントする

敬愛する我が師匠(1)〜忘れられないレッスン

大学時代、4年間お世話になった師匠:川崎優(かわさき まさる)先生が昨年11月29日、ご逝去された。94歳、天寿を全うされたそうだ。
そして昨日、川崎先生を偲ぶ献花式が都内のホテルにて行われ、心から尊敬する我が師匠に、最後のお別れを告げて来た。


芸大受験の為、初めて師匠の門を叩いたのは自分が高校3年生の冬。神奈川県茅ヶ崎市にある先生の御宅までは片道2時間半程かかったか。前以って周囲のいろいろな人達から「厳しい先生だよ〜」と聞かされていたので、メチャクチャ緊張して伺ったのだが…
確かに厳しかったが、“恐い”というより“威厳がある”という感じ。寧ろ穏やかでよく笑う先生だった。「教える」というよりも「自分で考えさせる」という、今までに経験した事のないレッスンのタイプ。生徒ができないのは既に生徒自身が解っているから、無闇に追い討ちをかけるような事は言わず、ヒントや方向性を示して「次頑張って練習して来なさい」と。そうすると俄然こちらも「頑張って上手くなろう!」と前向きになれる。
そんな師匠だった。

晴れて大学入学後も、同じようなレッスンは続いた。ただ、先輩や同僚がフランス近代モノやら何々コンチェルトやら、もの凄いのをビシバシさらっている中、川崎クラスの1〜2年は何だか技術的に優しいアリア集とか、基礎的なエクササイズとかをやらされ、ちょっと不満だった。所謂“歌い方”のレッスンだったが、実はこれが、これこそが音楽する上での最も重要な要素なのだという事を痛感したのは、もっと後、卒業する頃になってからである。それまで単純に4年かかった訳だ。

川崎優先生は作曲家でもあった。芸大(当時は東京音楽学校)のフルート科を卒業はしたが、その後は寧ろ作曲の方が本業だったと思う。なので、レッスンは常に作曲家の視点で曲分析をし、理論的に話を進めていく………っていうのが、まだたかだか19〜20歳前後の青い自分には理解に苦しんだ訳だ。
「違うちがう、ここはこうだからこうやって吹くんだよ〜。やってみなさい。こうやってワァーッと。そう、ワァーッと。そうそう。ウマイね〜、君ウマイね〜」そう仰ってからククククク…と特徴のある笑い方をする。こんなレッスンが続いた。
何も言われない時もあった。あまりに黙っていらっしゃるので、吹き終わって振り向いたら…スヤスヤと寝ていた。

とまあここまで記せば、レッスンにいろいろ疑問も生じるだろうが、真髄はもっと深いところにあった。要するに『東京芸大フルート科川崎クラス』の学生は、自分でいろいろな曲を自由にどんどん練習し、自発的に研究していかなくてはならないのだ。かといっていい加減にアナリーゼ(曲分析)すると、たちどころにダメ出しされるし、歌い方がつまらないとこうやって先生は眠ってしまう。我ながら下手だなァと思っているのに、こう「上手いね〜ウマイね〜」を連発されると逆に落ち込んでしまい、本当に上手いと思われるように吹かなければ…と頑張ってしまうのである。所謂“褒め殺し”ってヤツか。

だが、そんな話を同じ川崎クラスだった大先輩達にすると、皆口を揃えて「へぇ〜、先生も優しくなったものだなァ。お歳のせいかね」と言う。昔は本当に厳しかったそうで、門下生はレッスンの度に泣かされたそうだ。

確かに、他の先生方についても「歳と共に丸くなった」という話をよく聞く。そういえば最近、自分もそうかも知れない(昔程レッスンで激昂する事もなくなったし)。
ただ、川崎先生の場合は“ちょっと昔”よりも“もっと昔”、つまり太平洋戦争時代に実は壮絶な体験をされ、まさに九死に一生を得た方なのである。そんな師匠の人生経験こそが、その後の人間味が更に深くなり丸みを帯びていった要因なのかな…とつくづく思うのである。
(次記事に続く)


カテゴリー: 思い出 | タグ: , , | コメントする

ロックとオペラ

中学生の頃は「レコード鑑賞クラブ」に所属していた(部活動ではない)。これは部員がそれぞれ自分の好きなLPを持ち寄って、音楽室でただ聴くだけという、なんともユルいクラブである。別に感想を書かされることもない。静かにさえしていれば良いので、殆どの部員は寝ていたと思う。

自分の場合、既にクラシックの大ファンではあったが、その時は確か冨田勲さんのシンセサイザー版「展覧会の絵」を持って行ったと思う。あまりその辺は記憶していないが、本当に好きなオケのLP等は、闇雲に他人に聞かせたりせず、自分だけのものにしておきたいという心理があったかも知れない。

他の部員は軽音楽やらロックやら、色々持って来た。お陰で自分はその時に、ビートルズやらKissやら、荒井由実(現:松任谷由実)やら、クラシック以外のジャンルの歌を知るようになり、自分的にはとても勉強になるクラブであった。
そんな中、もの凄くインパクトのある音楽に出会った。誰かがイギリスのロックバンド「クィーン」のLPを持って来たのだ。その中で特に衝撃的だったのが「We will rock you」だ。「ドン、ドン、チャッ」というリズムに乗せてこの言葉を歌う、というより、観客も一緒に連呼するという斬新なスタイル。へぇ〜、こんな曲もあるのかと、聞いていてとてもワクワクした記憶がある。

さてそれから実に43年、現在とても注目されている映画がある。このクィーンのドキュメンタリックな映画「ボヘミアン・ラプソディ」だ。あまりの人気に上映期間が延長されたというので、自分もある意味勉強の為に観てみた。グループのボーカル:フレディ・マーキュリー氏の短くも波乱に富んだ人生が描かれていたのは感動モノだったが、自分は同時にフレディ以外の3人のメンバーの“人間性”にとても惹かれた。

クィーンのメンバーそれぞれが、自分の意見を我慢せずバンバン主張しながらも、お互い相手を尊敬し、尊重し合っている。下手すると大ゲンカになったりするが、それだけ皆で一つの目標に向けて、同じベクトルで進んでいるということだ。
ジャンルは違えども、クラシック音楽のアンサンブル仲間だって結局は同じ事だ。見習わなくてはと、つくづく思った。自分などはつい、場の空気とかを気にして言いたい事を飲み込んじゃうタチだし。これではアンサンブルも長続きしないだろう。

ところで、今更になってクィーンの音楽を色々再認識した自分だが、やっぱりガクタイとしては、映画の中に出てきた彼等のレパートリーをいちいち“分析”してしまう。調性とか形式とか(悪い癖だ)。
例えばこの映画のタイトルでもあるナンバー「ボヘミアン・ラプソディー」などは、ロックとオペラの融合みたいな解説がされているが、融合というよりは寧ろ揶揄している感じが面白い。しかしそれは別として、確かにクラシック的な響きがするし、キィの展開の仕方や音楽形式が何処か斬新だ。「伝説のチャンピオン」などもそうだ。

総合的に、ジャンルを問わず全てのガクタイに観て欲しい映画だなと思った。昨今のイギリスについての話題は、特に経済面で芳しくないが、文化的には実に素晴らしい人物が続出している。シェイクスピア、チャップリン、ビートルズ、ローリングストーンズ、JKローリング…さあ次に何が出てくるか、楽しみである。


カテゴリー: 感想・意見 | タグ: , | コメントする