年賀状あれこれ

年賀葉書が昔に比べて売れなくなってきているそうだ。昨今メールやSNSが発達し、新年の挨拶は“紙”ではなくこれで済ませてしまおうという傾向に因るとのことだ。昨今、高性能のパソコンまたはスマホ、そしてプリンタのお蔭で年賀状の印刷は劇的に早く、美しく、そして楽になった。それなのに年賀状離れが進んでいるのは、手軽さ云々よりも年賀状をやり取りする人間関係の変化にも原因があるのではないか?考えてみれば1枚52円〜は結構な値段だ。200枚買うと10,400円。次第に出す相手も選ばざるを得なくなってくる金額なのだ。

自分の場合、親戚や恩師等、お世話になった方々にはたとえ返信がなくとも毎年出している。面白いのは、親しく付き合っているからといって年賀状を出し合う訳ではないということ。逆にもう何十年もご無沙汰しているのに律儀にやり取りする相手もいる。出す出さないの基準や判断は、人それぞれいろいろと深いものがあり、ここではあまり論じられない。

とはいえ、例えば過去に1ぺんだけ仕事で一緒になっただけで(その仕事もどんな仕事だったか忘れ)あれから10年も20年も顔を合わせたことがなく、今後もまず会うことはないだろう人とかと未だに今年も宜しくする意味があるのか、と思われる人もいる。そんな人には何となく fade-out的な感覚で出さなくなっていく。

反対にこちらにも、親しい先輩後輩友人なのに、ある年からパタッと来なくなる事がある。いろいろな事情によるのだろうが、ともかく自分は大いに共感できる。何となく気が楽になるというものだ。52円プラス印刷の手間とは、そういう価値なのである。だからあんなにTVで嵐とかを使ってPRしている日本郵便も、本気で普及させたいのなら年賀葉書だけ値下げしたらどうか。

さて、以下は自分の年賀状にまつわるいろいろな出来事。

*同じ年に同じ人から2回届く事がある。多分最初に先方からウチに出した事を忘れ、こちらが返信したらまた返信して来たというパターン。

*友人のお父上で、実は会った事もないが、もう毎年毎年実に達筆な毛筆で書いて来る。幾ら付き合いが無いからとはいっても、この方には謹んで返信させて頂いている。

*両面とも印刷で一言も手書きのメッセージが無い賀状が大分増えた。つまり葉書を買って来てプリンタに突っ込んで後はそのままポストへ…。という訳で、自分も特にこの事に関するコメントは無い。

*宛先を間違えたか何かでウチに戻って来た葉書には「宛て所にたずね当たりません」という朱印が押されているが、いま一つこの文の日本語文法がよく解らない。言いたい事は解るが、もう少し解りやすい文はないものか?

*家族一人ひとりの近況が細かく並べられている賀状。最近は目が悪くなり、いちいち読み辛くなった。親しい人からのなら「へぇ〜、そうなのか」と楽しく読ませて頂いているが、それこそ会った事もない何かのイヴェントの代表者の家族なんてどうでもよい。そこで疑問なのは、この方、総ての人にこの同じ葉書を送っているのだろうか?

*毎年年賀葉書を何枚買うか?結構悩むところである。こちらから最初に出す“定番”とは別に、返信用に何枚位多めに買っておくか?足りなくなって買い足す事はなるべく避けたいのだが、それでも余るのは困る。大抵は使い切ってしまうが、その最後の1〜2枚は余るのは嫌だから出す相手だ。そういった所謂“片付け賀状”はウチにも何枚か来る。松の内も過ぎた丁度今時期によく届く。

*十数年前、祖母が他界して喪中だったのに、後輩から年賀状が届いた。喪中葉書を出しているのに、相手がつい忘れてしまったという事はまあありがちだが、この賀状には「先輩が喪中なのは知っていましたが、あまりにもこれが良く描けたのでつい出してしまいました」とあった。呆れた奴だが、コイツは現在某有名オケで首席フルート奏者を務めている。

 


カテゴリー: 感想・意見, 日常・趣味 | タグ: | コメントする

2016年、今年の「曲」

そして今年も本当に早かった。年が明けたばかりの時は、あまり見当がつかなかったが、月日が経つに連れて演奏会やプログラムが徐々に決まっていき、その度に「まだ時間あるな」「考えてみればヤバいな」「あれもう時間がないゾ」といろんな思いが伴いながらも、ふと我に返ればそれら全てがもう終わっているではないか!顧みれば今年は特にキツかった気がする。気がするが、ちゃんと演奏したかどうかあまりハッキリとした記憶がない。

この『小枝の響』ではこの時期恒例になりつつあるが、それでは今年特に印象に残った曲を5つ挙げてみよう(日付順)

リゲティ作曲 13奏者の為の協奏曲

Gフィル「想像の杜」演奏会の中の1曲で、これまでに経験した事のない位厳しいパート譜であった。めくれどもめくれども小さい音符が蟻のように群がっている。他のどの曲もそんな譜面ヅラだったが、特にこの曲はその題名通り一人ひとりにかかる負担が大きく、本番までの1ヶ月位はもう“地獄”だった。だが本番はほぼ満席の大盛況。それだけマニアックな曲が揃っていたという事か。

武満徹作曲 「海へ」

9月11日、ギタリスト橋爪晋平氏とのデュオリサイタル第2弾にて演奏。アルトフルートとギターの調和性を余す所なく発揮した名作であった。フエ吹きとしてこの曲が演奏できて本当に良かったと思う。

木下牧子作曲 「海と涙と私と」
「海」ネタが続くが、やなせたかし氏の作詞による日本歌曲。

「月夜の海に来てみたが
月夜の海は青いだけ
波が虚しく騒ぐだけ
ただ寂しさがこみ上げる
(中略)
でもこの海の懐かしさ
でもこの海の塩辛さ
少し心がほっとする
(後略)」

10月 にこの曲のピアノ伴奏をした。このように歌詞もさる事ながら、とても心に浸み入る音楽で、思わず涙腺が緩む。伴奏という形でありながらも、管楽器奏者としてこうして日本歌曲に触れられるのはもの凄く勉強になるし、幸せな事である。

自作 「影」

これは自分は演奏はしていない(デモ用に自録りはしたが)。お馴染みのアマチュアのフルートアンサンブル“えむ”が、山野楽器の主催するアンサンブルコンテストに出場するに際し、自由曲として書き下ろした6重奏曲。4月末に完成し、10月23日に本番。アンサンブル曲としては我ながら結構難曲だと思うが、この僅か半年間で完成させ、そして“えむ”は見事優勝を勝ち獲ってくれた。とても嬉しかった。作曲した甲斐があるというものである。

タファネル作曲 『ミニヨン』の主題によるグランドファンタジー

先月の荻窪音楽祭「エルティアンサンブル・コンサート」にて演奏。実はこの曲、この時初めて本番で吹いたのだが、それまでにレッスン等でちょくちょく聴いていたせいか、半分位は既に憶えていた。なので暗譜で演奏。フルーティストが書いただけあって、難曲ながらも割と吹き易かった。

上記5曲のうち「海へ」以外の4曲は、一年前の暮れには未だ関わるとは思っていなかった曲である。こんな風に来年はどんな曲が自分に降りかかってくるか、不安でもあり楽しみでもある。


カテゴリー: オーケストラ, コンサート, ソロ・アンサンブル, 思い出, 感想・意見, 演奏会報告 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

2016年、今年の漢字一文字

12月になると、世の中は早速今年1年を振り返っていろいろなランキングを始める。幾ら歳月の流れが早いとはいえ、しかしまだあと1ヶ月もある。この1ヶ月の間に今年を象徴するような出来事が起こらないとも限らないのだが。

まあそれは別として、2016年の世相を表す漢字一文字は『金』であった。綺麗な意味での「金」(リオ五輪)・汚い意味での「金」(政治とカネ)・どうでもいい「金」(ピコ太郎の衣装)まあいろいろである。そういえばG大にも昔「金」というフルートの大先生がいらっしゃったな〜と、ボーッと思い出している。

では自分にとっての一文字は?…ちょっと考えてみた。

真っ先に浮かんだのは『影』。これについては後述するが「影」とは今年作曲したフルートアンサンブル曲のタイトルで、我ながらとてもカッコイイ曲である。だがまあ印象的であったものの、この一年の自分を象徴するには、インパクトが少し足りない。

そして、自分にとって象徴的な今年の漢字…それは

だ。

今年はいろいろな「集まり」があった。

4月には地元にてアマチュアのフルートアンサンブルを新しく立ち上げた。名称は「スマイル・フルートサークル」10人程集まり、月2回のペースで活動している。

5月には新宿の村松楽器にて2ヶ月限定のグループレッスンを担当。5人が集まった。所謂講習会みたいな形で、個人レッスン、そしてアンサンブルも楽しんでもらったが、毎回のレッスン計画を立てる作業は慣れるまではなかなか大変だった。そして慣れた頃に終わってしまった(笑)

9月のギターとのデュオコンサート、そして11月のクラリネットとのデュオコンサートでは、沢山のお客様にお集まり頂き、どちらもほぼ満席であった。ありがたい限りである。

そして自分の所属するオーケストラ、Gフィル。正式には「藝大フィルハーモニア管弦楽団」という(今年11月から「管弦楽団」という文字が後ろにくっ付いた)。今年はまた更に多くのお客様にご来場頂いた。ちょっと暇な計算をしてみたが、本拠地奏楽堂にて自分の出番日だけで概算でのべ20,000人の前で演奏していると思う。

このようにいろいろな場面で集まって頂き、感謝の2016年だったが、集まったのは何も“人”ばかりではない。

“音符”も沢山集まっていた。

これは思うに、今年最も印象に残った譜面だな。リゲティ作曲「13奏者の為の協奏曲」より。今年はこの他にも、もの凄く沢山の細かい音符を本番で吹いた訳で。これについても後述する。


カテゴリー: コンサート, 感想・意見, 演奏会報告 | タグ: , , | コメントする

12/8…あれから35年

毎朝楽しく見ているテレビ朝日の「グッドモーニング」で、お馴染みのアナウンサー2人が今日から画面から消えていた。不倫というどうしようもない理由。「12月8日といえば思い出す」という嫌な出来事がまたひとつ増えた。自分の誕生日の1日前なのだが。

過去12月8日に何があったか?先ず出てくるのが真珠湾攻撃、太平洋戦争の開戦日だ。またビートルズのファンにとっては(ファンでなくても)あのジョンレノンの受難も忘れがたい出来事であろう。

そして自分にとって最も印象に残っているのは…母校G大でのあの事件だなと思う。

具体的にどんな事件だったかは、ここで説明するのは止めておく。「芸大バイオリン事件」でググってみるといろいろ出てくるので参照してほしいが、かといって「これ、ホントかいな?」とも疑わざるを得ない記事も…。

とにかく当時自分は学生だった。新聞にはデカデカと「〇〇逮捕」の文字。登校してみると、ただでさえ狭いキャンパス内にテレビ局のデカい車が数台デン!と停まっていて、記者達が道行く学生を捕まえてはインタビューしまくっている。自分も捕まったが、その質問が横暴だった。「〇〇先生って、かなり酷い先生だったんですね?」と矢継ぎ早に攻めてくる。酷いも何も、〇〇先生とはお話しどころかお会いした事すらない。何も知らないので何も知らないと答えたのだが「何か噂とか聞いてるでしょ?」と食い下がってくる。

この後どう自分は切り抜けたか憶えていないが、他の学生達も同じような質問攻めに遭っていたらしい。

とある同級生の友人などは、あまりにもその質問がしつこいので、遂にキレて「あんたら馬鹿には〇〇先生の気持ちなんか解らないんだ」と吐いてしまった。若気の至りで思わず「バカ」とか出てしまったのだろうが、そうなるとテレビ局はここぞとばかりその部分だけ切り取ってオンエアしてしまう。後日この暴言は当然ながら新聞その他にて叩かれていたが、友人が思わずそう口走ってしまった経緯を知っている自分は、編集の怖さをつくづくと思い知った訳である。

警察の捜査やマスコミの取材は他の科の先生や学生にまで及んだそうだ。実際、叩けばいろんなホコリが出てきたそうだが、とにかくこの狭い大学が騒然とした数ヶ月であった。

あれから今日で丁度35年。Gフィルの中では、この事件を知っている(遭遇している)メンバーはもう1割位しかいないどころか、当時まだ生まれていない人も居る。このように月日は経ってしまったが、大学の門をくぐると未だにその光景は目に浮かび、自分など何処でインタビューを受けたか、その場所まで憶えている。

現在の穏やかな音楽学部キャンパス。当時は無かった奥の奏楽堂では、この時期恒例の「レクサス・コンサート」が始まろうとしている…….


カテゴリー: 思い出 | タグ: , , , | コメントする

子供達に囲まれて…….

昨日は昨日でGフィルのこの時期恒例、「障害とアーツ」の本番だった。

毎回毎回、このシリーズは実に素晴らしい企画だと思う。何らかの身体の障害を乗り越えて音楽に芸術に勤しんでいる人達を、プロ・アマチュア関係なく紹介し、また障害を持つお客さんに対しても様々な工夫を凝らしてコンサートを楽しんで貰える、そんな心温まる2日間だ。しかも総て無料。勿論健常者も未就学児も聴き放題、参加し放題。様々なアートを肌で感じる事ができる。対外的にもっともっと宣伝しても良いのではないか。

教科書に出てくるような名曲が並び、時には映像も付いて聴覚障害者の方でも楽しめるプログラムもあれば、障害を持つソリストを招いてオケと共演したり。今回は片腕のギタリストをチリから招いて自作曲を演奏。

1205img_0364ギター:アンドレス・ゴドイ

また全盲のソプラノ歌手も、素晴らしい歌声を披露していた。

さてコンサート終盤では毎回「オーケストラの中に入ろう」というコーナーがある。障害の有無を問わず、老若男女誰でも舞台に上がって来て、身近に聴く事ができるこのコンサート独自の企画だ。

なので、楽員の座る椅子と椅子の隙間のそこここに小さい子供達がチョコンと座ってじっと聞いている訳だが、今年は自分の周りにやけに群がっていた。挙げ句の果てにはこんな状態に…

1205_ss0007

断っておくがこれ、本番中である。特に小さい子は立ち上がり、他の子もそれを見て真似する訳で、自分の楽譜など見えたり見えなかったり。自分も今何処を吹いているか示してあげると、それを一緒に指でなぞったり(でもズレてるし)…で、それを横からたしなめるお姉さんとかいたり…

尤も、そういうコンサートなんだから自分は全く気にならない。曲もお馴染みの「ラデツキー行進曲」だからもう暗譜してるし。それにしてもこんな近くでピッコロを吹かれると、逆に相当うるさいだろうと思ってふと子供達を眺めると…

みんな補聴器を付けている。

そう、この子供達は皆聴覚に何らかの障害を持っているのだ。

我が子のこの事実を知った時の各親御さんの気持ちを想うと、胸が張り裂けそうだ。そんなのに比べりゃ目の前の譜面が塞がれるなんて全然大したことではない。何だか可哀想になって、自分も精一杯楽しませてあげるつもりで吹いていた。

演奏が終わったら、右隣にいた女の子がとっても嬉しそうに何か話しかけてきた。手話で。自分には手話は解らないから、ただ満面の笑みを以って頭を撫でてあげること位しかできなかった。

いつも思うのだが、彼等の、子供達のそんな様子から逆に自分が元気を貰うような気がする。一年の疲れが蓄積する年末、決算とか掃除とか年賀状とか、正直言って面倒臭い事ばかり続くが、やる気を引き起こして貰えるような本番なのであった。


カテゴリー: オーケストラ, コンサート, 演奏会報告 | タグ: , | コメントする