台無し

一昨日昨日と、藝フィルは録音の仕事があった。会場はいつもの通り奏楽堂にて、このようにマイクを立てたり下げたり。

内容は区内の小中学校の校歌のカラオケ録音だ。全部で22曲もあるので「え゛〜っ」と思ったが、よくよく考えてみたら逆に妙に少ないかも知れない。で、蓋を開けてみたら、現在までに廃校または統合されて消えた学校のみのそれで、いわば永久保存用だそうだ。伴奏のみをオケ用に編曲し、嘗ての卒業生に歌い懐かしんで貰おうという“粋”な計らいか。

奏楽堂を使ってのレコーディングは、慣れないせいか最初はぎこちなかった。ステージと調整室のコミュニケーションがなかなかスムースに行かず、次第に空気が固まってくる。

だがそれよりも別の不満がオケ内に少しづつ湧いてきた。皆苦虫を噛み潰したような表情で演奏している。それは何かというと…編曲の悪さだ。

進行表によると、主にG大作曲科の若いOBOG達が1人2曲づつ編曲を担当している。原曲の作曲者は古関裕而氏、信時潔氏、高田三郎氏、田村虎蔵氏、堀内敬三氏…と日本の音楽界を牽引してきた凄い人達の名前が並ぶ。昭和の香り漂う、古き佳き名曲揃いだ。

なのにその編曲は…全部ではないが、時折その校歌の魅力を台無しにしてしまうものがしばしば。総括ディレクターM教授の流石に困ったような声が、調整室から漏れてくる。

そんな中、遂にあまりにも最悪な編曲が1つあり、その中で特に酷い部分は制作サイドでカットされたのだが、それでも全体としてはまさに奏楽堂内の全員が腑に落ちない駄作ができてしまった。思わず自分も“記念”に写メした譜面がこちら。

何と「フラッター」という現代奏法まで出てくる。何らかの悪意さえ感じる。

此の度のこの録音はその学校の出身者〜多分その殆どがご年配であろう〜が母校の校歌を懐かしみ口ずさんでもらう、そんなステュエーションが目的であろう。なのに、いきなりこんなオケ曲を聴かされたら…具体的には、オーケストレーションが悪いため主旋律がちゃんと聞こえてこない、和声が勝手に変えられて凝り過ぎている、要らないオブリガードが元のメロディーを邪魔している、管弦楽法を習ったことがないのか音域が異常に高過ぎる低過ぎる等。

それでも制作サイドはかなり頑張っていた。不要なイントロや間奏等はどんどんカットしたり、奇抜過ぎる音や和声は変えたり。上の譜面の編曲者による物は同じく2曲あったが、もう1曲の方は編曲者と作品自体を差し替えたり。

だがそんな訳で、全ての録音が終わった時の、オケ全体の釈然としない雰囲気は実に実に印象的であった。「本当にこんな編曲でいいの?」という…。

とは言え、こういった批判は自分にも当てはまることがある。鏡に向かって言っているようでもある。今回の編曲者の中には、調べてみたら過去にモーニングコンサート等で作品発表をした人もいるようだが、いつも不満だったその新作発表を思い起こすと改めて「やっぱりなぁ」と思った。あまり成長していないようだ。聴く人の気持ちになって編曲することについては、これから更に学んでいって欲しいと願う。


カテゴリー: オーケストラ, 感想・意見, 苦情・批判 | タグ: , , , | コメントする

チリ・レポート〜地球を感じる

長い長い国際線の機内では、どの席になるのか、そして隣にどんな人が座るのかは大変重要なポイントになる。ところが帰路の1便目は、往復4便中で最悪だった。横10列中の真ん中で、しかも隣りがデカいチリ人のオヤジ。一体フランスに何しにいくのだろう?とにかくこれで14時間は精神崩壊レヴェルだ。トイレに立つ回数などをできるだけ減らし、立った際には最後尾のスペースでできるだけ(文字通り)羽を伸ばし、後は只管寝る…そうこうするうちに一晩過ぎて光が差し込み、ようやっとパリに着いた。

パリは北半球、もう夏だ。シャルル・ドゴール空港は昔より随分変わった。更に大きくなったのか、ゲートとゲートの間を電車で移動したりする。ここでは5時間のトランジット。顔を洗い髭を剃り、ラウンジでゆったりしていたのだが、すぐに飽きて早めに出発ゲートに向かう事にした。

ところが、ここのセキュリティゲートで何故か妙に引っ掛かった。うっかりミスで水を入れた水筒を持ち込もうとして、その場で500mlを無理矢理飲み干させられたまではまだ良い。その後手荷物を全部開けさせられて調べられたのが超面倒だ。結局通して貰えたものの、数あるお土産品をしげしげと眺められたのは、ちょっと恥ずかしかった。

考えてみればここはヨーロッパ。近年テロが多発しているのは周知の通りである。日本人といえどもチェックは容赦ないのも解るような気がする。

そして午後1時。最後のAF276便に乗り込むと同時に「ご搭乗ありがとうございます」という懐かしい日本語が聞こえて来た。席は窓側。長いフライトでは通路側が望ましいが、さっきの席よりは何倍もマシだ。窓からの眺めを満喫できるというものだ。雲海の切れ目から見える北欧の風景を楽しんでいた。

成田には翌朝到着予定。なので外は一旦夜になる。幻想的な夜明けが見られる筈だと、期待してカメラを構えていたのだが…

完全に外された。白夜だったのだ。この時期の北極圏は太陽が沈まない。沈まないどころか真横から太陽の強烈な光線が飛び込むので、窓を閉めざるを得ない。我ながら“読み”が甘かった。

おかしいな、さっきまで南半球に居た筈なのに…

そして飛行機は着陸態勢に入り、一旦太平洋に抜けてから旋回して滑走路へ。あんなにカッと照らしていた太陽は分厚い雲に覆われ、雨の中を着陸。飛行機を出た途端「うわなんだこれ!?」という湿気。折しも梅雨真っ只中の日本に帰って来た訳だ。

別に世界中を旅した訳でもないのに、この一連のフライトで地球という球体をまじまじと体験した帰路であった。

そして今、自宅で寛いでいると、昨日までの10日間が夢のように感じる。

       

だがそんな思い出に浸る間もなく、来週早くも藝フィル再始動。続いて夏のブラスバンドシーズンもすぐそこに迫っている。

 


カテゴリー: 思い出, 日常・趣味 | タグ: , , , | コメントする

チリ・レポート〜帰路とその他諸々

出発の朝は吐く息が白く見える程寒かった。サンティアゴの6月は1年のうちで最も降水量が多く、このシリーズ中殆ど曇り空、夜もただの1度も星を見る事ができなかったのは至極残念である。皮肉な事にこれから飛行機に乗るって日に雲ひとつ無い快晴となった。とにかく今回7泊したシェラトンホテルに別れを告げ、空港行きのバスに乗り込む。


何だか忙しいチリでの1週間であった。仕事に来たのだから当たり前なのだが、それでも折角地球の裏側まで来たのだから、ちょいちょい暇を見つけては近場にちょいと足を伸ばして散歩したりお土産を買ったり。


マポチョ川とコスタネラセンター・タワー

シェラトンホテルから東に歩いた新市街では、彫刻の森よろしく青空美術館があり、興味深い彫刻やオブジェが沢山展示されており、無料で入れる企画展もあった。

     

高く聳えるコスタネラセンター・タワーの1階はいわば日本の「イオンモール」みたいな所で、ここでの商品にはある意味カルチャーショックを受けた。

チリといえばワイン。その量はとにかく凄い。このシリーズ、自分も随分飲んだが、とにかくどれもこれももの凄く美味しい。しかも値段も手頃。お土産に買って帰った事は言うまでもない。

    

ケーキやチーズの売り方もハンパない。一人どころか何人で食べても食べきれない大きさだが、とにかくとても美味しそう。チリには「ボンッ」「ドカン」という体型の人をよく見かけるが、なる程なと思う。多分「腹八分」という概念は無いのだろう…健康にはあまりよろしくないと思うのだが。

 

一方こちらは旧市街にあるお土産街。古そうな店屋が並ぶが、殆どの店でクレジットカードが使える。チリの名産は、ワインの他には銅製品とラピスラズリという青い宝石。他にも南米独特のポンチョや織物等、ここにいるとあれもこれもと目移りして大量に買ってしまう。ゲネプロと本番の間で買いに来たのだが、つくづくもっと居たかった。


そんな思い出と(あそこも行きたかった、あれも買いたかった)という心残りを胸にバスからまたアンデスの美しい山並みをボーッと眺める。来た時と同じく、またパリ経由でトータル31時間の旅がまっている。これでも往路より2時間短いか(苦笑)


カテゴリー: 思い出, 日常・趣味 | タグ: , , | コメントする

チリ・レポート〜最終公演

このシリーズ、最終公演はチリ大学内にあるホールにて本番。ここも先日のモネダ宮殿や市立劇場と然程遠くない所にある。だが、藝大の奏楽堂みたいにキャンパス内に聳え立つ建物と思いきや、街中の普通のビルという感じで一瞬驚いた。楽屋口はなく、お客も出演者も正面ロビーから出入りする。

中に入ってみると、これまたいろいろとインパクトのある内装だ。一番の特徴は客席の奥行きが浅い事。浅いのに2階席3階席があるから、舞台にもの凄く迫っている。なので例えば2階席最前列からはオケはこんな感じに見える。まさに特等席。逆に1階の最後部などは音の聞こえ方はあまり良くないだろうと察する。

 

楽屋の印象がまた強烈だ。寒々としていて窓にはカーテンがなく、向かいの学生寮らしき建物や裏の荒れた土地が丸見えだが、背景のアンデスの山々だけは相変わらず美しい。

 

トイレなんかも汚かったが、まあ考えてみれば日本の大学だって場所によっては汚ったないキャンパスも度々見てきているし…何処も同じという事か。

さて本番。満席のお客さんは更に盛り上がり、アンコール曲の最後に出てくる「八木節」では手拍子まで頂き、そして終演後のスタンディングオベーションという、まさに最高潮の雰囲気の中、チリでの総ての公演が終わった。

総ての公演がこんなに素晴らしく大成功に終わったのは、一重にこのシリーズを陰で支えて下さった藝大そして現地チリのスタッフの方々のお蔭なのである。

チリは南米では一番治安が良いとは言われているが、南米ではというレヴェル。スリや強盗に遭わず全員が安全に仕事ができるようにとの周りの気遣いはもう、並半端なものではない。食事の手配、移動バスの乗車チェック、貴重品の管理、通訳によるコミュニケーション、総て至れり尽くせりでやって頂いた。勿論本番に際してのセッティング、ケータリング、警備の手配、本当に沢山お気遣い頂いた。自分は演奏でそれに報いるしかないが、何だかそれでは足りない位で、その感謝の想いは言葉では言い尽くせない程である。人間はやっぱりお互いに助け合って生きているんだなあと実感する瞬間があった。

この夜はホテルにてオケ、ソリスト、そしてそのスタッフの方々による最後の打上げがあった。盛り上がらないワケがない。写真中央は現地の通訳も兼ねた案内の方々。

夜を徹して飲み明かしたいところだが、明朝遂に帰国の途につかねばならず、部屋に戻ってせっせと荷造り。お土産を沢山買ったので、その量がヤバい….


カテゴリー: オーケストラ, コンサート, 感想・意見, 演奏会報告 | タグ: , , | コメントする

チリ・レポート〜ヴァルパライソと大使公邸

チリでの公演はあと1つのみとなったが、今日はオフ日ということでツァーに参加した。

恥ずかしながらこのヴァルパライソという地名は、世界遺産に登録されているにも関わらず、今回初めて知った。サンティアゴから車で西に120km程走った所にある、チリを代表する港町である。

生憎の雨だったが、これでも前日は台風並みの荒れ模様だったらしく、天気は納まった方だそうだ。

港をぐるりと囲むように小高い丘が面していて、その斜面にぎっしりと建てられたカラフルな家…なる程日本では絶対見られない芸術的な風景だ。これらの家は船体を塗装した時の余ったペンキで塗られたからだそうである。

サンティアゴの街並みは本当に落書きだらけなのだが、ここで見られるのは単なる悪戯描きだけではなく、芸術家達に依る力作も多い。オケのメンバー達はここでのんびり散策をしたりお土産を買ったり写真を撮ったり、まさにつかの間の休日を満喫していた。

そして夕方からは在チリ日本大使公邸にてレセプション。一旦ホテルに帰って僅か25分でスーツに着替えて出発という、オフの割にはハードなスケジュール。よりによって自分は既に美味しいチリワインで結構酔っていたので、公邸にてきちんと振る舞う事は最初は至難の業であった。

ところがここに一人、凄い方がゲストでいらしていた。一昨年ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章さんである。梶田氏はチリにこの度新設された特大の天体望遠鏡によって専門のニュートリノの研究するためにいらしたそうだ。オケのメンバーと楽しく話をし、光栄にもツーショットを撮らせていただいたり…とにかく気さくで素敵な方であった。この演奏旅行のとても良き思い出の一つであった。


カテゴリー: 日常・趣味 | タグ: , , , , | コメントする