台風12号とJRと合宿

今年の夏は本当にどうしちゃったのか?平野部は連日体温超えの最高気温が続き、夜になっても真っ暗なのに暑い!まさに異常気象である。1発2発夕立が来て恵みの雨でも降ってくれないかな思っていたら、ここにきて台風が連続して発生した。

合宿が続く中で台風となると…これはこれでまた厄介なものである。昨今中国地方も大雨であんな被害があったばかりだし、電車が止まるならまだしも、行った先で崖崩れとかはもう本当に御免だ。

幸いそういう目には遭わなかったのだが…

7月29日(日)。朝。この日は合宿から合宿のハシゴで、名古屋発8時半の特急「しなの」に乗る予定だった。折しもその前の晩に台風12号が東海地方を通過し、予定の特急が動くかどうか心配だった。

だが、夜が明けた時には台風は遥か西に過ぎ去り、ダイヤは平常通りになっていた。一応大事をとって、早めに岐阜発7時22分の快速に乗り込む。50分にはもう名古屋に着く筈だ。

ところがこの電車、いつまで経っても発車しない。車内放送曰く、豊橋駅付近で線路上に異物があるので、その撤去作業をしているとの事。これも昨日の台風の影響なのか?豊橋と言えば名古屋の更に60kmも先ではないか。何で岐阜まで止まるのか?とにかく全然動かないし、車内は次第に混雑してくる。

並走している名鉄線に乗り換えようか、どうしようかと迷っているうちに「撤去作業が完了し、安全確認もとれました」とアナウンス。良かった、まあギリギリで「しなの」に乗れるだろうとそのまま座っていたが、それでも全然動かない。「再び安全確認をしております」とふざけたアナウンス。漸く動き出した時は予定時刻より50分も遅れ、この時点で1ヶ月も前に指定席を取った「しなの」には乗れない事が判り、スマホで次の電車を検索。腹立たしいが、次発の同じ特急には乗れそうだ。

ところが途中停車した尾張一宮駅でまた動かなくなった。「名古屋まで各停が詰まって使えております」と、またまたふざけたアナウンス。他の乗客もかなり苛立っている様子。無理もない。どうやら自分は次発にさえ乗れなさそうだ。

で結局、自分が岐阜駅で7時20分に乗り込んだ快速電車が名古屋駅に到着したのは9時10分!!酷いものだ。当然自分みたいに予定の特急や新幹線に乗れなかった乗客もわんさかといる訳で、となると名古屋駅での乗車変更窓口も長蛇の列。もしかしたら更にこれで次の次の特急さえ乗れないかと思うと、更に焦りが3倍増だったが、無事指定席が取れて10時発の「しなの」に乗車。とりあえずホッとする。

だがしかし、本来乗る予定だった最初の「しなの」は目的地まで直行できたのに、今乗っている「しなの」は松本駅でローカル線に乗り換えなければならない。しかも2回も。待ち時間だって半端ない長さだ。尤もこういう鉄道の旅は元々好きなので、まあ信州の素朴な風景を十分満喫できた訳だが、ようやっと到着して省みれば、あの岐阜での快速から実に9時間が経っていた。約束の時間より3時間遅刻。合宿だったからまだ幸いで、これがコンサートだったらもう終わっていただろう。

さて、その合宿地は、長野県小谷村にある栂池(つがいけ)高原。

冬にはスキー場の穴場でもある。

しかしながら今夏の異常な暑さはこの地まで及び、“高原”とは名ばかりの酷暑。しかも施設にはクーラーがない!扇風機すらない!なので、たまたま持って行った1本の扇子が帰るまでずっと不可欠だった。

宿のオーナー曰く、本当に今年は雨さえまともに降らず、異常に暑いそうだ。灼熱の日中のハードワーク、そして夜の寝苦しさも加わって、これまでになくキツい数日間。帰りの冷房の効いた特急列車が天国だったのは言うまでもない。

返す返すも、あのJR東海道線には本当に苛々させられた。精神的に非常に良くない。普段殆ど使わない路線だが、いつもあんなに間抜けな事をしているのか?まあ、普段こうして悪タレをつく自分に天罰が下ったのだ、と思って諦めるとしよう。


カテゴリー: ブラスバンド, 苦情・批判 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください