ヤバい歯間ブラシ

歯の定期検診を受けて来た。かかりつけの歯科クリニックから半年に1ぺん案内ハガキが来るので、都合を見計らって足を運び、診断そしてクリーニングと続く。結果はまあ、いつも通り順調であった。が、今回は先生に一つ興味深いアドヴァイスを頂いた。

「時々左手で磨いてみて下さい」

曰く、あの濃いピンク色のテスターによると、利き手だけによる力の差が、磨き残しや歯垢に表れるとの事。なる程、利き手の右手で磨く場合、右の歯を磨く時にクルッと歯ブラシを裏返しに持ち替えるが、そうして磨くのと左手で普通に磨くのとでは、毛先の当たり方が微妙に違う。右側の歯だけではない、左側も前歯も、そして裏側もちょっと違う。

尤も、左手で磨くのは6年位前に右を怪我して以来のことで、なかなかぎこちないものだ。力加減も慣れなくて判らず、すぐ疲れてしまうので、まあ思い出した時に実践する程度にしておきたい。


さてところで、歯磨きの際に4種類のサイズの歯間ブラシを併用している自分だが、ある日、そのうちの一つ:Mサイズを切らしてしまったので、いつもの店にいつものメーカーのそれを買いに行った。

ところがどういう訳か、そのメーカーのMサイズだけが売り切れていた(他のサイズはきちんと揃っているのに、その時は何か不自然な品揃えだった)。自分はその「P〜」という商品がお気に入りだったのだが、そうそうその辺で手に入るような代物でもなく、少々ムカつきながらも、これを機会に別メーカーのMサイズを試しに買ってみることにした。

それは「L〜」という商品で、パッケージを見ると「歯科医院専用」とある。へぇ〜!と思って早速使ってみた。

得てして歯間ブラシは意外と値段が高い。P〜は1本単価だと120円位する。今回のL〜は更に130円位か。だがまあ、その分長く使えれば返って得かも知れないと思っていたのだが…

とんでもなかった!P〜の半分ももたなかった!このコスパの悪さに閉口したが、問題の根幹は実はそこではない。つまり、どういう状態を以て使えなくなるかということだが、P〜の歯間ブラシは殆どの場合、古くなると首がポキッと折れる。

ところがL〜はブラシの部分が減るのだ。

写真を見れば一目瞭然、1週間程でこんな骨だけの状態になる。では消えたブラシの毛先は何処へ行くのか?口をゆすいだ時に100%外に出せるかというと、多分そうではなかろう。つまりこの毛先、こんな科学物質が少しでも消化器系に、体内に入って行くのかと思うと気分最悪である。これ、本当に歯医者で使っているのか!?

歯の健康は保っても、消化器系に支障をきたしては元も子もない。そんな訳で慌ててこんな超ヤバい歯間ブラシは使用中止し、後日改めてP〜を買いに行った次第である。

ただ、このP〜も昔に比べて耐久性が悪くなった。特にMサイズやLサイズは、明らかに折れるまでの期間が3分の2位に短くなっている。歯間ブラシはブラシの部分が長い方が良いと思うが、数あるメーカーの中でもこのP〜は最も長い方だ。それだけに、こんな耐久性にセコい変化をつけないで頂きたいものである。


カテゴリー: 感想・意見, 楽器・機器・道具 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください