チリ・レポート〜ヴァルパライソと大使公邸

チリでの公演はあと1つのみとなったが、今日はオフ日ということでツァーに参加した。

恥ずかしながらこのヴァルパライソという地名は、世界遺産に登録されているにも関わらず、今回初めて知った。サンティアゴから車で西に120km程走った所にある、チリを代表する港町である。

生憎の雨だったが、これでも前日は台風並みの荒れ模様だったらしく、天気は納まった方だそうだ。

港をぐるりと囲むように小高い丘が面していて、その斜面にぎっしりと建てられたカラフルな家…なる程日本では絶対見られない芸術的な風景だ。これらの家は船体を塗装した時の余ったペンキで塗られたからだそうである。

サンティアゴの街並みは本当に落書きだらけなのだが、ここで見られるのは単なる悪戯描きだけではなく、芸術家達に依る力作も多い。オケのメンバー達はここでのんびり散策をしたりお土産を買ったり写真を撮ったり、まさにつかの間の休日を満喫していた。

そして夕方からは在チリ日本大使公邸にてレセプション。一旦ホテルに帰って僅か25分でスーツに着替えて出発という、オフの割にはハードなスケジュール。よりによって自分は既に美味しいチリワインで結構酔っていたので、公邸にてきちんと振る舞う事は最初は至難の業であった。

ところがここに一人、凄い方がゲストでいらしていた。一昨年ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章さんである。梶田氏はチリにこの度新設された特大の天体望遠鏡によって専門のニュートリノの研究するためにいらしたそうだ。オケのメンバーと楽しく話をし、光栄にもツーショットを撮らせていただいたり…とにかく気さくで素敵な方であった。この演奏旅行のとても良き思い出の一つであった。


カテゴリー: 日常・趣味 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください