橋爪晋平氏のギター・リサイタル

今度のデュオコンサートで共演予定のギタリスト橋爪晋平さんが今年の2月にソロCDをリリースし、その記念リサイタルを聴いて来た。

会場は豊島区にある「雑司ヶ谷音楽堂」。小じんまりとした所にある小じんまりとしたホールであるが、この通り素敵な空間である。

0626IMG_0545

プログラムにある作曲家なのだが、我々笛吹き・オケ吹きにとっては、殆ど馴染みのない名前ばかりが並ぶ。ニャタリとかマルティンとかバリオスとか、多分ギター界では普通に聞かれる名前なのであろう。国もキューバとかブラジルとかアルゼンチンとか、やはり南米系が多い。

だがどれもとっても、実に素敵な曲ばかりだ。退屈だったり不可解だったりしたのはひとつもない。思わず身を乗り出して聴いていた。

曲もイイが、橋爪氏の技術も凄い。

実は自分もギターを1本持っていて、フルートとギター用に編曲するのにこれを使って弾(はじ)いてみるのだが、とにかく難しい。全然自分の思うように鳴ってくれない。ああでもないこうでもないとフレッドを押さえているうちに、左の指先がパンパンに腫れてしまった。

なのに今目の前に居る彼は、多分凄い難曲だと思うが、何だかとても簡単そうに弾いている。ギタリストって皆こんな感じなのか?いやいや多分彼は特に名人に違いない。すっかり彼の世界に引き込まれたところで、最後に有名なタレガの「アランブラの思い出」がやってきた。

この曲はごく単純なメロディーラインをトレモロで奏し、基本的な分散和音が下に付くだけである。たったこれだけなのに、聴いているうちにどういう訳か涙が出て来た。普段でもよく耳にする曲なのにこんなに感動するとは…。

個人のリサイタルでこんなに感動して帰るのは、20年位前のミレッラ・フレーニ以来だ。

帰り路はホール近くにある「鬼子母神」に寄り、また東京音楽大学もあるので、新校舎を横目に眺めながらてくてく散歩。池袋からほんの少し歩くだけで、駅前の喧騒からこんなに閑静な住宅街になるのか…と、改めて驚いた。

0626IMG_0141


そんな訳で、思わず買って来た橋爪晋平氏の新CD「from Here…」

0626SCAN_0004

とても楽しく、そして癒されるアルバムである。


カテゴリー: コンサート, ソロ・アンサンブル, 感想・意見 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください