合宿と体重

夏は合宿の季節。自分も吹奏楽の指導でこれに何日か関わることになるが、この際特に気を付けているのは、何と言っても「体重管理」である。

元々肥りやすい故に「夕食は遅くても9時迄」とか言っている自分が、これで毎晩毎晩深夜の宴会なんかにて呑み続けていると、もう体重増加は毎年必至だ。

では合宿前にグンと落としておこう、なんて浅ましい考えも、結局今のところ実行できた試しがない。全く減らないまま毎年虚しく出発日を迎える。

さて今夏、いつもの吹奏楽部は事情により去年迄とは違う施設にて合宿だ。場所は苗場スキー場付近。時節柄、他の吹部やらコーラスやら、いろんな音が聞こえる。

0801IMG_3383

コンクールを前にして、朝から晩まで教える方もハードワークだ。なまじ家やオケでフルートだけ吹いているよりも体力を使い、それによく喋るせいか、すぐお腹が減る。と同時に食事の時間。あれだけ指導時間が長いのに、何だか合宿って不思議と食事ばかりしている印象が強い。

この施設の或る日の献立。

0801IMG_0471朝食(7時半)
0801IMG_0465昼食(12時)
0801IMG_1484夕食(6時)

考えてみれば、この後何も食べなければ、これ程健康的な生活はない。だが夜にも仕事はあるし、再びお腹も減るだろう。ましてやここ新潟県は日本酒の宝庫。10時位から美味しいお酒とつまみ付きで「反省会」「打合せ」と称する呑み会が始まり、日付が替わってもまだわいわいと続く。太らないワケがない…と思いきや!

実は自分は、2日目以降は酒は飲んだが、つまみは全く口にしなかった。その結果、帰郷後の体重は出発前より+0.5kg程で抑える事ができたのだ。

そういえば、飲み会は酒そのものよりも一緒に食べるツマミで太ると、何かで聞いた事がある。

省みれば宿舎の食事の、この様々な品目とバランスの良さ。更に自分も炭水化物はご飯1杯だけにする等、気をつけていたので、結果的になんとかこの数値で抑えられたのだろう。むしろ帰った日につい気が緩み、お土産の笹団子など食べちゃったので翌々日に増えてしまった(笑)

それにしても流石は新潟。「鶴齢」「八海山」等頂いたが、本当に美味しかった。

コンクールに向けて真剣な闘いの続く合宿ではあるが、今後もずっと苗場でやらないかな〜なんて淡い期待を寄せている。


カテゴリー: その他研究・考察, 日常・趣味, 身体・健康 タグ: , パーマリンク