イヤホンを選ぶ

扱い方が悪いのか、どうも自分の持っているイヤホンは兎角すぐに壊れる。具体的にはコードが内部で断線してしまう。どうせすぐに壊れるんだからと、2,000円以下の物ばかり買っていたのだが….

いや、安くても音質はそこそこ良い。高額なのは勿論もっと良いのだが、かといって高ければ高い程良いというものでもないのだ。聴く音楽のジャンルによって違うし、個人の“好み”も絡んでくる。

壊れる度に新宿の家電量販店に行っては、ここのイヤホン&ヘッドホン売り場に入り浸る。殆どの商品は自分のiPhoneに差し込んで自由に視聴ができるものだから、あれはどうだこれはどうかと、とにかく人目も憚らず聴きまくる。気が付いたらいつも1時間位は悠に経っている。

iPhone等に対応するイヤホンを買った事もある。コードの途中にスイッチが付いているそれだ。でもあれは大失敗!音質云々言う前に使い勝手が悪過ぎた。ポケットや鞄にしまう時にこのスイッチが押されて勝手に音楽が鳴ってしまう。だが間もなくこれもこの部分から壊れて逝った。もう2度とあれは買うまい。

そして今度は、幾ら何でももう少し高くてしかも長持ちしそうな物を…と、先日また同じ売り場をうろうろウロウロ…

この店のイヤホンの最高値は何と30万円位だったか(ヘッドホンではない!)最安値は確か980円。平均的には5千円〜3万円位か。とにかくこの平均値内の予算で、ようやく1つに絞り、空箱を持ってレジへ。ところが店員曰く、本体は品切れだそうだ。自分の中でまるで音が聞こえる位、テンションがダウン。

というのが2週間程前の出来事。だが敢えてその商品の事は忘れ、2週間経ってまた探索。前回の商品の事は本当に頭の中でリセットしたつもりだったが、またああでもないこうでもないと聴きまくって選んだ商品は、気が付いたら前回品切れと言われたそれであった。

今度は品切れではなかった。ヤレヤレ….


 

自分のイヤホン選びのポイント

☆音質

「重低音」とか「ハイレゾ」「高解像度」とか、店内には音質をアピールする謳い文句だらけだが、自分のiPhoneで聞いてみると、やっぱりこれも個人の好みによるものである。その時に基準となる音楽をサンプルとして決めておくと良いと思った。自分の場合は…

♪ パールマン(Vn)&アシュケナージ(Pf)のベートーヴェンのソナタ
※ヴァイオリンの弦を擦る感じ、ピアノのハンマーで弦を叩く感じのリアリティーがどの程度自分に(不快でない範囲で)伝わるか。

♪ チック・コリア(Pf)とヒューバート・ロウズ(Fl)のジャズ
※これはフルートやピアノよりも他のパーカッションやベースとのバランス。更には金属系のサウンドの心地良さとか。

♪ 「スターウォーズ」のメインテーマ(Orch)の出だし。
※実は屋外ではオケは殆ど聴かないのでどうでもいいのだが、強いて言えば金管と低弦のバランスとか。

こうして聴いてみると、本当に値段やブランド力が高い方が良い訳ではないという事が解る。

☆ジャックとコード

ジャックはL字状に限る。ストレートだとコードが折れ曲がり易く、またそこから断線し易い。LRに分かれる部分等、とにかく丈夫にできているかどうか。そうでなさそうな商品は、どんなに音が良くても買わない。

それ以外は別にどうでも良い。色とか形状とか。密閉性については、先っぽのプニプニだけ取り替えればそれで良い事だし。

そんな風にして今回買ったのがこれ。末長く使えますように…

0703IMG_0660


カテゴリー: その他研究・考察, 感想・意見, 楽器・機器・道具 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください