夕食の悩み

世間一般のご家庭では、夕食は何時頃なのだろうか?

我家は一応夜7〜8時位である。まあ、普通だと思う。太らないようにするには、就寝の3時間前までには食べ終わらなければという説があり、自分も一応それに従って9時以降は何も食べないようにしている。

7時に夕食…。

そう、そんな自分にとって実に困るのが夜公演の本番だ。丁度開演と重なるではないか。こういう日は何時に食べれば良いのか?

夜公演の場合、オケのGPは大体5〜5時半位に終わる。昔は(丁度お腹も減るので)ここですぐ夕食を食べ、更に本番終了後、平気で呑みに行ったり、帰ってもう1食食べたりしていた。だからあんなにブクブク肥った。

現在は、時折打ち上げに行くこともあるが、殆どは家に直行。帰宅はもう10時過ぎ。勿論それから食べるなんて自殺行為だ。

夜公演の日は従ってGPと本番の間で、なるべく6時位に食べるようにしている。割としっかり。それから歯を磨いて着替えて、開演15〜30分前には楽器を組み立てウォーム・アップ。

最近はこんな感じだが、やはりひと仕事終えて帰宅すると、6時半には食べ終えている身体には空腹感がコタえる。(早く明日にならないかな)と思いながら…寝る。

ごくたまに、開演後の休憩時間で食べられることがある。丁度7時30〜40分位に前半が終わるが、その後出番の関係で30分位開く場合など、ここぞとばかりに楽屋で弁当など広げたりする。

時間的には丁度良いのだが、でもやはり30分内で食事を済ませ歯を磨き…というのはちょっと慌ただしい。“仕事着”のまま食べるので汚さないよう気を遣うし、何より満腹の状態ですぐ演奏なので、それなりに多少のリスクが伴う。

….ここまで記してきて、じゃあお客さんはどうなのかなと思う。確かに、自分が客として7時開演のコンサートに足を運ぶ時も、同じように6時〜6時半位に夕食を摂って行く。帰宅後は同じように空腹との闘い。

だから本当は、オペラとかバレエとか宗教曲みたいな超長い演目は別として、普通のコンサートなら夜7時半とか8時開演でも良いのかも知れない。演奏者もお客さんも丁度いいお腹の状態で臨めるし、終演後も首都圏では9時半〜10時でも充分帰りの電車がある。

まあ、この意見に反対するのは、定時に仕事を終えて早く帰りたいホール関係者、そして仕事が終わったらできるだけ早く、且つ沢山酒を呑みたい大多数の楽団員とかであろう。

因みに海外では、夜9時に開演という所もある。これまた極端だが、でもヨーロッパなどは夏季は8時でもまだ明るかったりするから、然もありなんという訳か。

 


 

ところで、今度のGフィルの定期公演は、そんな自分にとっては嬉しい昼公演である。6月13日は土曜日なので、午後3時開演。昼食にも夕食にも支障はない。

0515DL_0004

 

…ただ、翌日にウチの発表会を控えているので、個人的には迷惑な日程なのだが。


カテゴリー: コンサート, 日常・趣味, 演奏会案内 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください