やせたゾ!

スポーツというものは全く無縁なものだとずーっと思っていた。だが「厄年に何か新しい事をやってみるといい」と誰かに言われて、じゃあ駅前にあるスポーツクラブにでも通ってみよ~かな~と思って、去年の4月に曜日や時間の限られている一番安いコースに入会してみた。泳ぐのは好きなのでプールが楽しみ、でもシンドかったらやめりゃイイや、なんて気持ちだった。

ところがいざ始めたら、ジムであれプールであれ、いきなりノメリ込んでしまった。ランニングマシン、ストレッチ、ダンベルやベンチプレス等の筋トレ、それから水泳。楽しいけど苦しい。苦しいけど楽しい。曜日によってはエアロビクスのグループレッスンとかにも参加。いやー慣れとは恐ろしいもので、ご婦人達の中で男性1~2人という状況は、最初は逃げ出したかったが今は別に何ともない。誰かと仲良しになる為ではなく、身体を鍛える為に来ているのだから、むしろお喋りはなるべく避けて、トレーニングはいつも独りで黙々とやっている。そんな風にして入館から退館までまるまる4時間、たっぷり汗をかくから帰る時にはいつも1.5Kg位体重が減っている。仕事帰りの疲れは身体が重く感じられるが、こちらはそんな訳で身体が軽くなる疲れで、爽快だ。

当然お腹が減るが、そこで腹一杯食べることをほんの少しだけ我慢。腹九分といったところか。間食はあまりしなくなった。今のランニングマシンは何キロカロリー消費したか表示されるようになっているが、ゼーゼーいいながら走ってようやく350Kcal位か。ところがコンビニの菓子パンの裏に平気で「400Kcal」なんて出ていると、あまり食べる気がしなくなるものである。

さてこのようなトレーニングを週1~2日程度のローペースで続けた結果、6ヶ月で自分の身体はどうなったか?(小太鼓ロール・・・)

ジャン!体重-8Kg/体脂肪率-8%/ウエスト-8cmという、何とも嬉しい3つの-8が出揃った。で、これがずっと保てれば良かったのだが・・・。

この結果の後、今度はスポーツクラブを変えて、自分のスケジュールにもう少し時間帯の合う所にした。それから更に1年が経ったが、全然変わらないどころかむしろ増えてしまったのである。筋肉がついてきたからかな?と自分に都合のイイように考えたいのだが、体脂肪率まで上がってきたからやっぱりダメだ。考えてみれば、最近何かと間食しているし、仕事がたて込んでくると、トレーニングが週イチどころか10日ぶりだったりする。これじゃ太るのも無理もない。でも急激にまた減らそうとせず、1ヶ月に1Kg程度のローペースでやっていきたい。

ところで、自分ではあまり気付かなかったが、周りの人達にも「痩せた」「痩せた」と言われて、数年前の自分の写真を見てみたら、確かにスゴい違いで驚いた。顔が違っている(ある意味、老けたカナ)。

仕事先では「大丈夫?」と心配され、近所の子供にさえ「オジちゃん痩せたね」といわれ、クラス会に出たら「誰?」という顔をされ、ついには娘にまで「何かヨソの人みたい」と言われた。ちょっとフクザツな気分。

ちょうど時を同じくして「メタボリックシンドローム」という言葉が流行りだした。生活習慣病にかからない為にもカロリー控えて適度な運動を・・という事らしいが、僕の場合病気云々よりも、40をとうに超えて如何に楽にフルートを吹くか、って事ばかり考えているので、そういう意味では効果的だったか。


カテゴリー: 日常・趣味, 旧ブログ「つれづれグサッ」記事, 身体・健康 パーマリンク