2018年、今年の「曲」

今年印象に残った曲の中で、昨年と同じ曲が2曲もある。

1.プロコフィエフ作曲 無伴奏ヴァイオリンソナタ
これの第1楽章のみを演奏する機会が1月と7月の2度あった。この曲は何と、例えばオケのヴァイオリンパートが全員ユニゾンで演奏することもあり、実は子供の頃にそれをラジオで聞いた事がある。とても面白くてカッコイイ曲だったのを今回ふと思い出し、1月に同じようにデュオでほぼユニゾンで演奏した(7月ではソロで吹いた)。
もし機会があれば、全曲版も吹いてみたいと思う。

2.ハチャトゥリアン作曲 ヴァイオリン協奏曲
自分の大好きな曲の一つである。6月下旬にウチのアンサンブル発表会で第3楽章のみ演奏した。嘗てJ.P.ランパル氏がフルート用に編曲した楽譜を、確か自分が高校生の頃購入し、何となく遊びでさらっているうちに憶えてしまった。
若い頃にハマった曲というのはいつまでも憶えているもので、数カ所忘れた部分を憶え直しただけで暗譜でスラスラいける…と言いたいところだが、やはり体力的にはキツい曲だった。
この曲のバックはフル編成オーケストラなので、フルート版だとどうしてもソロがかき消されてしまいがちだ。ピアノ伴奏だとその心配は軽減されるものの、逆にハチャトゥリアンらしい迫力も減ってしまう。ピアニストはその辺、なかなか調整が大変そうであった。

1.バッハ作曲(マーラー編曲) 管弦楽組曲
これを演奏する機会が与えられたのは、実に嬉しいことだ。一生のうちでもう2度とないだろう。Gフィルの秋の定期演奏会のプログラムの一つだった。
文字通り、あの交響曲作曲家のマーラーが、バッハのそれを自分なりに脚色した奇曲といっていいだろう。元は「管弦楽組曲第2番」より4曲、「第3番」より2曲をチョイスしてある。ピアノやパイプオルガンが入っていたりと、何ともマーラーらしい編成だが、個人的に最も印象的だったのはフルートが4人、しかも4人共ユニゾンで演奏させることだ。多分音量的効果を狙ったものだと思う。
かなり昔、これを群馬交響楽団が演奏したのを聴きに行ったことがあり、その時のオケの配置はまあ通常通りだったが、今回の本番ではフルート奏者は4人共指揮者の真ん前に座らされた。気分的に多少の戸惑いはあったものの、すぐ隣がヴァイオリンのトップなので、実に吹きやすかったのを憶えている。

4.ベートーヴェン作曲 ヴァイオリンソナタ第9番「クロイツェル」
5.フランク作曲 ヴァイオリンソナタ

先月の記事の通り、レコーディングした2曲である。「クロイツェル」とは昨年からの付き合いだが、フルートでこれをフルで吹くのはやはり相当な体力勝負なので、身体が元気なうちにCDとして残すことができてよかったと思う。一方フランクは26年ぶりで、逆に曲の解釈がその26年前よりも変わってきて、何かこう…楽曲の“深み”が感じられてきた。その意味では、やはりこの曲も今にしてみれば、自分にとっては“旬”の時に録音できたなと思う。

考えてみれば、ヴァイオリンに関する曲ばかりであった。だが自分はあくまでも“ヴァイオリン曲”が好きなのであって、“ヴァイオリン”そのものが好きな訳ではない。発音するにあたって、実際に“呼吸”したり“口”や“舌”を使う方が、自分の性に合っている。ただ、自分も弦楽器用の編曲をする機会もあるから、やはりもっと弦楽器については勉強する必要があるなと思う。

番外編:音楽物語「ちいちゃんのかげおくり」
この自作曲も昨年印象に残った曲の一つであったが、今年はこの曲のライヴ録音を足掛け1年かけて編集し、10月にYouTubeにアップした。視聴回数がお蔭様でもうすぐ1,000回に達しようとしている。作家:あまんきみこさんの感動の名作を、是非多くの皆様に(音楽付きで)お聴き頂きたいと思う。


カテゴリー: オーケストラ, コンサート, ソロ・アンサンブル, 演奏会報告 | タグ: , , , , , , , , | 2018年、今年の「曲」 はコメントを受け付けていません。

オペラシティと「世の終わり」

先週、義弟が病気で逝ってしまった。割と突然の出来事なので、葬儀を終えた今、ふと省みると一体誰のお葬式だったのだろう?と思える位実感がない。
だが、先週は確かに火葬場にて義弟の収骨に立ち会った。自分にとっては告別式での“お花入れ”よりも出棺よりも、何よりもあの荼毘に伏す瞬間が最も悲しい。あんな場面にこれから何回立合わねばならないのかと思うと、心がずしっと重くなる。

それから数日後、とあるコンサートにてメシアンの「世の終わりの為の四重奏曲」を聴いた。フランスの近代作曲家オリヴィエ・メシアンが第二次世界大戦中、ドイツ軍の捕虜となって収容所の中で書き上げた曲である。
それにしても「世の終わり〜」とは凄いネーミングである。余程過酷な状況下で書いたのかと思いきや、実はメシアンは当時既に著名な作曲家で知られていたので、捕虜の中でも比較的優遇されていた。この編成がヴァイオリン・チェロ・クラリネット・ピアノという変わった編成なのは、収容所の中で知り合った他の音楽家の専門楽器による。だからもしそれがクラリネットではなくフルート奏者だったら、自分も既にこの曲を演奏していたかも知れない。

とはいえ、捕虜である以上、明日はどうなるか分からない身であるメシアンが、この曲に託した心情は凄いものが感じられる。曲は「世の終わりを告げる天使の〜」とか「イエスの〜」とか、人間の“生”と“死”・“神”・“天国”等をテーマとした全8曲から成り、メシアン独特の音列とサウンドが耳というより、直截心に入って来るような感覚。最後の断末魔の泣き声と共に魂が昇天していく様は、特に感動的である。
初めて聴いたが、とにかくついこの間までに身内の亡骸を立て続けに目の当たりにしてきた自分にとっては、いちいち心にグサグサと突き刺さるような体験であった。

会場はオペラシティのリサイタルホールだったが、奇しくも義弟の葬儀後の会食会場も同じオペラシティ内のレストランだった。そういえば9月にG大の副学長さんが急逝したという知らせを聞いたのも、ここのオペラパレスでの仕事中だった。今年はどういう訳か、このオペラシティは人間の命についていろいろ考えさせられる場所となってしまった。

オペラシティ上階より北方面の風景

カテゴリー: コンサート, 作曲家作品研究, 感想・意見, 日常・趣味 | タグ: , , | オペラシティと「世の終わり」 はコメントを受け付けていません。

ボナールとテラス

また1人、好きな画家が増えてしまった。サルバドール・ダリ、ルネ・マグリット、そして先月の東山魁夷…等。そして今回、新たにピエール・ボナール
元来、写実・非現実を問わず、割とはっきりした表現法の絵画が好きな自分だが、今国立新美術館にて開催されている「ピエール・ボナール展」で観た一連の絵画は、先のお三方に比べて大分画法がボヤッとしている。言葉は悪いが、カンヴァスに適当に筆を置いていったような、雑な感じ。
それなのに、絵をじっと見つめれば見つめる程、画中の人物の表情や、その心情までもがこちらに伝わって来て、何だかこう…思わずニヤッとしてしまう。自分が特に好きなのがこの「バンジョー奏者」。


バンジョー奏者が逆光でほぼ真っ黒に描かれているのに、ああ髭生やしてんだなとか、相当激しくかき鳴らしてパフォーマンスしてんだなとか、左後ろのオジさんはホルンを吹いてるのかなとか、前のオバさんは嬉しそうとか、一見雑に見えても実はかなり細かく臨場感が伝わってくる。この絵に何人描かれているか、探すのも面白い。

ところでボナールが活躍した19c〜20cのフランスといえば、丁度ドビュッシーやラヴェルが居た頃でもある。そんな中、この展覧会では1人の作曲家が自分の目に止まった。
クロード・テラス。誰それ?聞いた事ないが、どうやらボナールの妹の旦那、つまり義弟らしい。義兄は彼の肖像画を書いていて、それがこれ。

かなりインパクトのある面立ちである。ググってみたらまさに同じ容貌の写真が出てきたので、思わず笑ってしまった。普通の絵画のみならず、戯曲のポスターや挿絵なども手がけていたボナールだったが、この義弟の作曲した楽譜にも挿絵を提供している。この事から義兄弟関係はとても良かった事が察せられる。

で、この展覧会ではその挿絵付きの楽譜が何点か展示してあった。テラスって一体どんな曲を書くのか?すぐさま譜読みしたり、後にググってみたりもした。展示楽譜はピアノ曲だったが、オペレッタなどの舞台音楽をよく書いた作曲家のようだ。古き良きパリのムーラン・ルージュを彷彿とさせるような作風である。かなり稼いでいたのか、5人も子供をもうけ、裕福な生活をしていたらしい。

ボナールは絵画だけでなく写真も撮り、会場にはそのスナップが30点程展示されていた。友人や親戚が集まって戸外で戯れる白黒写真の中には、義弟テラスも写っている。中にはボナールの妻、幼い甥っ子姪っ子(テラスの子供達)、更には自分自身が素っ裸になって被写体となり、後の創作のヒントを得ようとしているのもあった(今の時代では大問題となりそうであるが)。

南フランスの別荘地にて79歳で亡くなったボナールだが、彼の遺作「花咲くアーモンドの木」では、既に筆も持てなくなっていた彼を助けて仕上げてくれたのは、テラスの息子シャルルであった(この時テラスは既に逝っていた)。こういった一面一面にボナール家とテラス家の結束みたいなものを感じる。

花咲くアーモンドの木

カテゴリー: その他研究・考察 | タグ: , , | ボナールとテラス はコメントを受け付けていません。

レコーディング・レポート(本番編その2)

録音2日目。一晩寝て身も心もリセット気分で、フランクの名曲:ヴァイオリンソナタの録音に臨む。実はこの曲のフルート版は、J.P.ランパル氏の編曲によるインターナショナル社版をそのまま使って、過去二回本番で吹いたのだが、今回の録音に際してオリジナルのヴァイオリン譜をチェックしていると、随分と音やアーティキュレーションが違っている事に(今更ながら)気付いた。
なので今回は、できるだけオリジナルに近い楽譜に書き換えた。いうなれば“湯本版”だ。となると音域的になかなか難しい部分が出てくるが、そこは自分とM氏のタッグで上手く乗り切っていくしかない。

例によって緩徐楽章の録音から始める。第3楽章の「レチタティーヴォ・ファンタジア」、続いてゆったりとした流れながらも、深い響きを兼ね備える第1楽章。どちらもやはり元気なうちに吹いておかないとヤバい曲だ。
昼食でエネルギー補給をしたところで、いよいよあの激しい第2楽章、続いてドラマティックな第4楽章。そうはいってもフランクは、昨日のベートーヴェンより1楽章多いのに、全体としてはあれ程長くはない。リピートもない。
心配していた“隣室の音”も、今日は利用者が居なかったようで滞りなく進んだ。かくして夕方17時過ぎに全曲終了!遂に終わったァ〜、という安堵の思いが広がる。

とまあ、ここまで淡々と書いてきたが、実はこの2日間はopus55のM氏にかなり助けられた部分がある。大学時代の旧友であり親友であり、悪友(?)でもあるので、お互い気兼ねなくズバズバ意見が言えるが、とにかく彼の助言がいちいち的を得ていて、いつも「なる程」と思わされる。この後鬼のような編集作業が控えているが、120%信頼できるので、きっといいマスターが仕上がるだろう。
そして何より、何よりピアノの池田葉子さんに感謝である。この度の2曲はもう、はっきり言ってどちらも「フルートとピアノの為の」ではなく「ピアノとフルートの為の」ソナタだ。こんなにもハードなピアノパートなのに、淡々と、そして見事に弾きこなして下さった。池田さんはとても音色の綺麗な方であると思う。その音色の綺麗なピアニストが音色の綺麗なベーゼンを弾くのだから、まさに鬼に金棒(ちょっと言い方が変だが)吹きながら特等席で最高の音楽を聴いている気分でもあった。その意味では、とても幸せな2日間であったと思う。

さて、M氏曰く、仮編集したメディアは録音後1ヶ月程待ってから聴く方が良いとの事。演奏直後よりも頭が冷静になり、客観的に編集できるからだそうだ。ひと月後といえば、丁度年末年始の頃である。正月にゆっくりお屠蘇でも嗜みながら聴いてみる事にしよう。


カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | コメントする

レコーディング・レポート(本番編その1)

いよいよ録音開始。初日はベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ「クロイツェル」から。会場入りすると、既に入念なピアノ調律がなされている。マイクがセットされ、先ずはマイク・チェック。1フレーズ程吹いては、調整室で聴いてちょっとした協議。マイクを交換したり、微妙に位置調整したり。

M氏曰く、ソナタは先ず緩徐楽章(=テンポの遅い楽章)から録るのが良いそうだ。途中や後に回すと、体力的に疲れているのが如実に表れてしまうからだと言う。その助言に従って、先ずは第2楽章から開始。

今回の録音に際して、「クロイツェル」については自分はある思惑があった。それは「全部やる」という事。実はこの曲はリピートが多々あり、総て繰り返しをするともの凄い長さになってしまうので、コンサートではそれが時間的体力的になかなかできない。だが今回はそれらを敢えて総て演奏し、まさにベートーヴェンの考えている寸法通りに再現する、という事だ。勿論1つのテイクを2回使ったりはしない。従って今回のクロイツェルは多分40分を超えるだろう。

特にテーマとヴァリエーションから成る第2楽章は、細かい解説は割愛するが、リピートは全部やらないとどうにも全体の楽式のバランスが悪くなってしまう。それにしてもM氏の言う通りだった。この第2楽章も大変な曲だったが、第1楽章、第3楽章はもっと激しく燃える曲なので、つくづく先に録っておいて良かったと思う。後回しにしたらテンションが下がって、2日目に回さなければならないところであった。

第2楽章を全て録り終えたところで午後2時を回っていた。昼食後は第1楽章、このリピートは第2楽章のそれよりもっと重くてまるでシンフォニーである。この1年で最も熱く燃えた時間がこの後続く。楽しいけどキツい。キツいけど楽しい。軽快な第3楽章プレストも疲れたなんて言っていられず、ガンガン進む。

時刻は19時に差し掛かっていた。と、とある問題が発生。何とホールに隣接しているリハーサル室から、違う音が漏れて来るのだ。どうやら誰かがサキソホンの練習をしているらしい。曲はもうあと1ページ程の終盤。その音が聞こえて来ない時を狙って、こちらもサッと演奏。最悪の場合は、後でその隣の音を編集で消すとM氏は言う。今はそんな事ができる時代である。相当手間はかかるだろうが。

兎にも角にも「クロイツェル」は何とか総て録り終えた。終わってみれば19時半、実に凄まじい9時間であった。やれやれなんて言っている暇はない。明日はもう1曲の大作、フランクのヴァイオリンソナタが待っている。サッと帰って十分に休み…と言いたいところだが、今日はまだフランクを吹いていない!帰ってひと通りさらっておかなければ。
(次記事へ続く)

モニタルームで反省会

カテゴリー: ソロ・アンサンブル | タグ: , , , | コメントする