平成最後の本番は

この31年間、ありがたくも実にいろいろな類いの仕事をし、それなりに稼がせて頂いた。オケは元よりスタジオ・レッスン・講習会・作曲編曲・トレーナー・室内楽・リサイタル・指揮etc…。
一方、様々な施設でボランティアでデュオやトリオのコンサートとにも出演。無料とはいっても、交通費や花束、美味しいお菓子とか頂いて嬉しい限りである。
そんな自分のこの平成時代の締めくくりの本番は、まさにこの老人福祉施設でのコンサートであった。

平成31年4月30日、親戚の伝(つて)により長野県上伊那郡宮田村にあるデイサービスセンターにてフルートデュオと歌のコンサート。午後2時より、クラシックの名曲から懐かしい日本の歌まで、約40分に渡ってフルートやピッコロを吹いたりピアノを弾いたり。この類のコンサートでは最後に「ふるさと」を演奏し、皆さんにもご唱和頂くのだが、今回は“今日で平成にさようなら”ということでもう1曲「蛍の光」も付け加えた。終演後は入居者の方々とお茶と柏餅で楽しいひと時を過ごした。

今回は特に楽しい本番だった。お年寄りの方達は真剣に聴いてくれて、一緒に歌ったり身体を揺らしたり、毎度の事ながらこうして奏者と聴衆が音楽を共有する瞬間は、ガクタイ冥利に尽きるというものだ。何て言うか…平成最後の日に実に相応しい本番だったなぁと思う。
かくして平成最後の曲は「蛍の光」と思いきや、急遽アンコールのコールがかかり、本プロで演奏したビゼーの「アルルの女」のメヌエットをもう1回。これが実質最後となった。

この後、短い時間であったが、親戚の衆(←ここの土地の人々は「人々」や「人達」「皆」の事をこのように「衆」と呼ぶ。2人でも「衆」と呼ぶ)のご案内により、近くに流れる大田切川の吊り橋「こまくさ橋」からの絶景を堪能した。


この時期のこの地方はまだ寒い。夏でも涼しいので、近い将来は教室の合宿として再び訪れるべく、現在準備を着々と進めている。


カテゴリー: コンサート, ソロ・アンサンブル, 演奏会報告 | タグ: , | コメントする

最初と最後

昨日はGフィル、今年度最初のモーニングコンサートの本番であったが、同時に平成最後のモーニングコンサートでもあった。
プログラムはアッペルモンド作曲のトロンボーンとオーケストラの為の「カラーズ」、そしてブラームスのピアノ協奏曲第1番だが、自分は後半ブラームスの方は降板だった。

因みに、平成最初のモーニングについても記録がある。それは平成元年2月8日、曲目はテーリヒェン作曲のオーボエ協奏曲とベートーヴェンの「皇帝」、こちらは前半はバックのオケにフルートが入っていないので、後半のみの出番であった。

この平成の初回から最終回までのモーニングの記録が一応残っていて、その一部を紹介してみると…。
全公演回数:360
自分の出番:280
自分の降板:80
共演した学生の総数:(自分の降板分は除く)496名
作曲科学生による新作数:88
一番沢山吹いた曲:ブラームスのヴァイオリン協奏曲=20回

こうして省みると凄い数字である。意外とインパクトのある数字が80回も降板したことだ。オーケストラ新作数も、定期演奏会の分も加えると多分100曲を超えるが、ものの見事に1曲も憶えていない。多分その殆どが可もなく不可もなく、印象に残らないからだと思う。
ソリスト達は皆素晴らしいので、これまた誰が特に良かった等というのもない。だが、こういうのは逆に何かアクシデントや、雰囲気が悪かった時という方が記憶に残るというものだ。

詳細は避けるが、そういう意味では…
平成4年7月9日のチャイコフスキーヴァイオリン協奏曲
平成19年6月28日の作曲科学生の新作とドヴォルザークピアノ協奏曲
平成23年6月2日のベルクヴァイオリン協奏曲
平成28年6月18日の作曲科学生の新作
…あたりが印象に残っている。また自分は降り番だったが、平成10年6月18日のジョリヴェフルート協奏曲も、噂によれば相当ヤバい雰囲気だったらしい。

さて、それはともかく来月の2週目から「令和」のモーニング・シリーズが始まる。そのトップバッターはクーゼヴィッキーのコントラバス協奏曲という変わり種だ。今後また30回程モーニングに出演する予定である。先述のブラームスVn協みたいに、また定番が何回も続いて辟易することもあろうが、逆にここに至って初めて吹く曲もまだまだ出てくる。それなりに楽しみではあるが、やっぱり何か嫌なことがあって印象に残るってのは避けたいところだ。


カテゴリー: オーケストラ, 思い出 | タグ: , | コメントする

平成を振り返る〜藝大フィル

自分がGフィルに入団したのは1988年。まさに昭和の末期だ。つまり平成の30年間は、自分にとってGフィルの30年間でもある。入団して最初の仕事がオペラだったが、丁度その頃、時の天皇陛下がご病床に伏せられた。世の中はこの時、「歌舞音曲の自粛ムード」となる。このオペラ公演さえ開催が危ぶまれたが、それでもオペラ科学生の大切な発表の場という事で、公演決行。当時のG大音楽学部長さんが開演に先立ってステージにて挨拶し、お客さんにその旨を述べられていた事を憶えている。

そして翌年、昭和天皇は崩御し、元号は「平成」となった。それからのGフィルの30年間は、大きく4つの時期に分けられると思う。

【第1期 入団、そして修行】
当時Gフィルは3管編成だったが、Fl.の首席奏者だったKさんはとても“ピッチ”に厳しい方であり、“下吹き”の自分はとにかく合わせる事に神経をすり減らしていた。そんなKさんが或る日、「ピッチなんてそんなに気を遣わなくてもいいんだよ」なんて意外な事を仰っていたが、今思えばそれは、自分が合わせる事ができてきたからこそのお言葉だったのかなと思う。
それはそうと、オケはKさんだけに合わせればいいってものではない。Kさんのさらに向こう側や、後ろにも気を遣わなければならないのだが、たまに1stの出番が回ってきたりすると、周りはもう20歳位年上だし、針の筵状態である。そんな必死な毎日のまま、あっという間に5年が過ぎた。

【第2期 2管時代の始まり】
平成6年。その年の秋季定演を以て、Kさんは退団した。それからフルートパートは2管編成の時代が長く続く。早くもう一人補充して欲しかったが、当時の運営陣はなかなか首を縦に振らず…8年もの間補充されなかった。
漸くオーディションが再開され、新人が入ってきた訳だが、このブランクで知らず知らずのうちに、フルートの同僚のOさんとの間にできた“鉄壁のセクション・サウンド”に溶け込むのはなかなか難しいようで、8年間の重みをひしひしと感じた次第である。実際、この後新人が入っては辞め入っては辞め、そうこうしているうちに他のパートも定年等で人数が減り、結局全木管パートが2管編成になってしまった。これは“お上”の予算削減に因るものである。

【第3期 奏楽堂ができた】
平成10年に大学敷地内に新奏楽堂が開館し、それまでGフィルは他のオケと同様、東京文化会館・東京芸術劇場・五反田ゆうぽうと等にて出演してきたが、これ以降はリハも本番もこの奏楽堂になった。専属のホールがあるというのは好い事である。但し、Gフィルの、ではなくて大学のホールであるから、勿論好き勝手に使い放題という訳にはいかない。大学のカリキュラムに沿ってスケジュールが組まれるので、時にはリハの開始が夜になったりする事もある。
従って、学生オケや吹奏楽も、邦楽科の演奏会も、学生の卒業演奏会も、そして附属高校のオケも総て会場はこの奏楽堂だ。勿論入学式も卒業式も。
因みに旧奏楽堂は、大学の隣の上野公園内にひっそりと立っている。今でもコンサートには使われているが、現在は改修工事中である。

平成27年 「創造の杜」コンサートGP

【第4期 オケ連に入った】
Gフィル130年の歴史の中で、一番大きな変化がこれであろう。「日本プロオーケストラ連盟」に準会員として加盟し、名称も「藝大フィルハーモニア管弦楽団」と変わったのである。そうなると運営陣のシステムも変わり、「事務局」が設定させる。そして、学外に向けてどんどんアピールが始まっていく訳であるが、いきなりその代表的な仕事が一昨年のチリ公演であった。ヨーロッパ・アメリカ・そしてアジアにツアーに行く日本のプロオケはよくあるが、南米というのはあまり聞いたことがない。実は再来年以降にもそんな話がちらほら聞かれ、「南米専門」みたいに揶揄されそうである。
それはともかく、この30年でメンバーも他のオケ同様殆ど入れ替わり、自分も古株になった。同時に何と、新奏楽堂さえも大規模メンテナンスの時期が迫ってきた。Gフィルにとっての「平成」は、まさに変革の時代であった。


カテゴリー: オーケストラ | タグ: , , , | コメントする

今年度末は「サザエさん」

毎年3月恒例のGフィル、台東区小中学校音楽鑑賞教室では、小学生向けの2回の公演にて「楽器紹介」のコーナーがある。オケの各楽器を紹介する際に、各奏者に何か一節演奏してもらうという、いわば何処のオケにでもある“定番”だが、年を重ねる毎にGフィルメンバーは少しずつ工夫を凝らしているようで、中には人気の曲をアンサンブルで演奏するパートも増えてきた。そんな風潮に乗って、自分もフルートパートは今年は二重奏を2曲アレンジ。
TVでは、時折このフルート・デュオで実にしっくりするBGM等が聞かれるが、今回はその中でもあの国民的アニメ「サザエさん」の中のとあるフレーズをピックアップ。いつも視聴者をほのぼのとさせる、明るい音楽である。
普通、楽器紹介では演奏前に曲名など言わないから、子供達も、そして同僚メンバー達も最初は「この曲何だっけ?どっかで聴いたことあるな…」という表情になる。自分はこの瞬間がわりと好きで、聴いている人を敢えて悩ませるのが一種の醍醐味というか、、、そして「あァ、アレか!」と思い出してスッキリしてもらうのが何とも楽しい。

話は変わって、3月といえば下旬にこちらも恒例の、子供達による吹奏楽団の春合宿がある。今春も岐阜県は関市にある合宿施設にて、夏の定期演奏会に向けて早速練習活動が始まった。
そのプログラムの中に、奇しくも「サザエさん」があった。テーマ音楽、そしてアニメ中のお馴染みのBGMをメドレーに仕立てた曲で、意外と大掛かりな曲である。BGMそれぞれに「サザエさんのテーマ」「マスオさんのテーマ」「大騒動」等、表題が付いていたというのも、自分にとっては新たな情報だった。とても楽しい音楽であるが、因みに先日Gフィルで自分が採り上げたフレーズはここには入っていなかった。

ところが、肝心のこの曲を吹いている子供達に訊いてみると、テーマ曲以外の殆どの部分は知らないと言う。「観ていないから」と言う子供もいたが、もう1つ、現在放送されている「サザエさん」のBGMが昔とは違っているというのも、大きな理由の一つである。自分もたまにこのアニメを観て、実際BGMの方に聞き耳を立てることもあったが、確かに大分変わってきている。これもまた、時代の変遷の表れなのかとつくづく感じる。

しかしながらこの「サザエさんファンタジー」とやら、何だか妙に凝り過ぎていて、とても難しい。合宿最終日の全体合奏では、自分もパートに混ざって一緒に吹いたり教えたりしていたが、2/4→3/8とかの変拍子が出てきたり、フルートでも超高音域の速いパッセージが出てきたりと、大人にはまだしも子供にとっては難所が沢山ある。8月末の本番に間に合うかどうか…まあ、子供達の底力は凄いものがあるので大丈夫だとは思うが。
編曲者だって、こんな子供が演奏することは想定していないだろう。とはいえ、自分が楽器紹介で敢えて観客を「?」と思わせるのとは訳が違う。これでは本当に皆「?」で終わってしまいそうだ。もう少しシンプルなアレンジにしてほしかったなと思う。

メチャクチャ寒い体育館にて合奏練習

カテゴリー: オーケストラ, ブラスバンド | タグ: , , | コメントする

敬愛する我が師匠(5)〜祈り

川崎優先生は静かに旅立たれた。生きとし生けるものは必ず死ぬとは解っていながらも、やはりこの世に“居る”と“居ない”とでは全然違う。ここ数年、全く自分はお会いしていなかったくせに、何だか今は寂しい。寂しくてたまらない気分だ。
ただ、川崎先生は多くの曲を残している。昨年末にご逝去の連絡を受け、その後故人を偲んで先生作曲の「ララバイ」を吹いてみた。「運命」を聴けばそこにベートーヴェンという知らない人物の人柄を感じるのと同じように、先生の曲にはやはり先生の“気”を感じる。ジャンルを問わず、芸術作品を作るとは、このように魂を後世に託す事なんだなと、改めてその大切さを実感した。

受験前はガチガチに緊張してレッスンに臨んだ自分だったが、大学入学後はそんな川崎先生のちょっと“お茶目”な面も垣間見えたりして、何だかホッとした気分…という時もあった。川崎クラスはレッスンの後そのまま飲み会、という日も時々あり、先生を囲んで実に有意義なひとときを過ごしたのも良き思い出だ(飲食代は全部先生が払って下さった)。酒の席ではニコニコしながら、時には人生についてとても勉強になる話をされているのに、口の周りにご飯粒が付いていたり、時には酔っ払ってろれつが回らなくなっても、バッハの和声や対位法の話をされたり、時には恋愛について延々と語られたり…そんな川崎先生が門下生達皆大好きだった。

“楽器を持って行かない合宿”というのも楽しかった。門下生の誰かが幹事となって1泊2日で計画。車2台で伊豆・箱根方面に向かう。自分も免許取立てで、いきなり先輩を乗せてレンタカーを運転させられたのは、流石に精神的にキツかったが。

今となっては、そんな楽しかった記憶ばかり残る。勿論レッスンでの厳しい一面や、酷く叱られたり、周りが困っちゃったりというヤバい空気の時もあったが、思えばそれもまた生徒を育て、豊かな人間性を身につけてほしいという、先生の強い教育愛故であろう。
奥様を、ご家族を心から愛し、そして日本の音楽文化の発展に向けて素晴らしい業績を残された川崎優先生。
長い人生、本当にお疲れ様でした、本当にありがとうございました、と心から天国の師匠に向けてお祈りしたい。


カテゴリー: 思い出 | タグ: , | コメントする