チリって何処?

もう10年以上前の事であるが、藝大フィルに初の海外公演の話が持ち上がった。行き先は何とウズベキスタン。日本のプロオケはちょくちょくヨーロッパやアメリカに演奏旅行に行っているが、こんなマニアックな国には流石に何処も行かないだろう。いったい何処にあるんだ?と当時はいろいろ調べてみた。

「〜スタン」と付く名の国の中でも、この国は比較的安定し、且つ治安も良さそうだ。当時はウクライナの問題もISの問題も無かったし。首都はタシケント。ここの大学のホールでチャイコフスキーの第4交響曲を若杉弘先生の指揮で演奏するところまでは話が進んでいたようだ。

ところが、その後どういう訳か現地担当者との連絡が途絶え、いや途絶えた訳では無かったようだが、全くと言っていい程こちらの事務的な話が通らなかったので、遂にこの話は白紙にすると当時のS研究部長が判断。そんな所、行ったら行ったでいろいろなトラブルに巻き込まれたかも知れず、ちょっとホッとした記憶がある。


そして昨年秋、オケの名称が「藝大フィルハーモニア管弦楽団」となり、日本オーケストラ連盟に加入に向けて頑張っている時期に再度持ち上がった海外公演。行き先は南米のチリだそうで、奏楽堂の楽屋はこの話で持ちきりだ。

「チリって何処だ?」「地球の裏側だよ」「長っぽそい国だ。縦は4,oookm位あるらしいよ」「横は?」「20m位か?」「それじゃホールもはみ出るじゃんww」「チリ、内紛で東西分裂ってジョークもある」「何年か前、炭鉱の落盤事故で鉱夫達が40日ぶりに無事生還した国だ」「イースター島があるよ」「じゃオフの日に皆でちょっと寄ろうか?」「無理!八丈島に行くのとでは遠さの桁が違うよ。サンティアゴから島までの距離は東京からフィリピン位ある」このサンティアゴがチリの首都だって事は、恥ずかしながら今回初めて知った(そもそも旅行ガイドが書店にあまりないのだ)。サンディエゴって都市もあるが、これはアメリカのカリフォルニア州にある違う都市だ。ややこしい。

とにかく今回ばかりは白紙にはならず、本当に行くようだ(笑)藝フィル創立以来初の海外公演地が南米とは、日本のオケとしてもかなり珍しいかも知れない。創立以来初めての〜と簡単には言うが、実は今年は藝大創立120年、何気に日本最古のオケなのである。

さて行程表によると、オケ及びスタッフは出発日によって幾つかのグループに分かれる。大きくは2つに分けられ、その第1陣は一足先にサンティアゴ入りして現地の青少年オーケストラの指導や大統領府での公演がある。その頃第2陣が到着して合流、翌日にサンティアゴ市立劇場にて公演が2回。最後にチリ大学にて1回。プログラムはドヴォルザーク第8交響曲、ベートーヴェン第7交響曲、スメタナ「モルダウ」の他、邦人作品、恐らくチリの作曲家による新曲等、全10曲、、、

と、簡単に書いてあるが、何だかメチャクチャ大変そうだ。更にはチリまでの往復がヤバい。以前チリで地震があって津波が日本に来る、というニュースがあったように、日本との位置関係は太平洋を挟んで反対側なのだが、今回は何とロシア上空を飛びパリ経由、大西洋を渡ってチリへというルート。つまりわざわざの遠回りだ。往きも帰りも。

乗り物好きな男子だが、時差ボケにはめっぽう弱い自分である。果たしてどうなるのか?よっぽど身体を調整して行かねば、と思う。

ただ、楽しみにしている事もある。産まれて初めての南半球は季節が逆で現地は真冬(丁度日本でいう「冬至」の頃だ)。太陽は左から右に移動するし、星座も日本とはまるで違う。水の渦巻きも北半球は右回りで南半球は左回り。そんな色々な観察をしてみたい。また、チリといえばワイン。一日だけワイナリー・ツアーというのが組まれているので有意義に過ごしたいと思う。

…という訳で来月はチリ・レポートが続くと思うが、何かいろいろ緊張する…。


カテゴリー: オーケストラ, コンサート | タグ: , , | コメントする

あれから20年

父親から電話があった。「容体が急変したからすぐ来て」「わかった。すぐ行く」

いよいよ、いよいよお別れか。それまでの壮絶な闘病生活、さぞかし辛かっただろうな。これでやっと楽になれるのかな。そんな気持ちもあった。

すぐに支度して出かけたものの、電車の接続が悪くタクシーもなかなか乗れず、やっとの思いで病室に駆け込んでみたら、そこには父と妹と従姉妹がいた。皆目を真っ赤に腫らせていた。そしてベットには母が静かに横たわっている。つい先日まで9本も繋がれていた管は全部取り外され、よく見ると口の中には脱脂綿が詰められていた。そして何より驚いたのは母が「呼吸していない」事だ。何でこんなに長く息を止めていられるのだ!?

当たり前の事なのだが、生まれて初めて“遺体”というものに身近に遭遇した自分としては、これが最も衝撃的だった。

父の話によると、ナースステーションでアラームでも鳴ったのか、いきなり医者と看護師がどやどやと病室に入って来て目の前の母を診察。脈を取り瞳孔の確認などしてから静かにこう言った「ご臨終です」同時に外からお昼のサイレンが聞こえて来たそうだ。

1997年4月13日午後0時00分、母:湯本洋子は息を引き取った。享年55。ほぼ全身を癌に冒された最期であった。

その後はもう、何が何だか判らない程慌ただしかった。葬儀の準備から後片付けまで、仕事のスケジュール調整、各所ご挨拶…だがいろいろと動いている中、何かもの足りない・誰か1人この場にいるべき人が居ない…そんな気分だった。“心にポッカリ穴が開く”というのはまさにこのことか。

通夜では方丈さんにお願いして、お経が一区切りついたところで、棺の前で1曲吹かせて貰った。エマヌエル・バッハの無伴奏フルートソナタの第1楽章。1ヶ月後のリサイタルで演奏する予定だった曲である。変な話だが、人間は死んでも聴覚だけは医学的にまだ最後まで機能しているそうである。だからきっとこの曲を、この自分の笛の音を、冥土の土産に持って行ってくれた事であろうと信じている。

そしてあれから今日で丁度20年。今では父もこの世を去り、二人して埼玉県鴻巣市のお寺に眠っている。先日、御墓参りをして来た。いい天気であった。

流石に20年も経つと、母の顔・声・性格等の印象は少し薄れてきた。薄れてきたのだが、ここ最近よく両親が夢に出てくるので、その度に「ああ、オレのお母ちゃんこんな感じだったかな」と思い出している。そして自分もその55歳に近づきつつある。今のところまあまあ健康で、この母よりは長生きしそうであるが、油断はできない。


カテゴリー: 思い出 | コメントする

目まぐるしい年度末

…そういえば全くこのブログを更新していなかった。あまりにやる事が多過ぎて更新用のサイトを開く暇がないまま、気がついてみれば今月も終わりではないか。

前回「ジュニアソロコンテスト」の記事から今日まで何があったか?思い出してみる。

2月下旬は新国立劇場でのオペラシリーズ。また「コシファン」だ。リハーサル、ゲネプロ、本番がそれぞれ3回ずつ。全曲ほぼカットなしだったので、あの美しくもえげつないオペラに計50時間程雁字搦めにされた訳だ。

3月初旬は牧バレエ団「三銃士」の公演で、同じくピットに入っていた。この曲の作曲者は何とジュゼッペ・ヴェルディ。「椿姫」とか「アイーダ」とかで有名なあのオペラ作曲家の書いたバレエという訳だが、どうやら後に第三者によって編纂・編曲されたものらしい。とにかくバレエのピッコロは忙しい。ほぼ吹きっぱなしだ。こちらも4日間拘束されて、雀の涙みたいなギャラを貰っ…いや貰う予定だ。支払いが恐ろしく遅いのだ。多分学生のバイト並みの時給に相当するであろう。因みにこの事務所名は「MIRAI音楽事務所」という。

中旬は毎年恒例のシリーズが2つ。先ずは銀座教会での受難節音楽礼拝だ。例年ならイースターに合わせて4月に催されるのだが、この教会の音楽担当の牧師さんが定年を迎えられるので3月にやってしまおうという事らしい。ところでここでの演目、簡易版「マタイ受難曲」にて、いつも大変美しい歌声を聴かせてくれるソプラノの五十嵐郁子先生が今回は違う方に替わっていた。聞くところによると何と昨年夏にご病気で亡くなられたそうだ。全くもってそんなご様子ではなかったのに、とても残念だ。先生と一緒に演奏する「Aus Liebe」(←フルートとソプラノの二重奏曲)はいつも幸せだった。多分今回はこの教会の何処かで聴いていらっしゃっただろうと思っている。

次に藝フィルの台東区音楽鑑賞教室。ここでは昨年から藝大の早期教育プロジェクトにて選抜された小〜中学生を1人ソリストに迎えて「メンコン」など弾いて貰っているが、とにかくこれがビックリする位上手くて大人びた演奏。客席で聴いているほぼ同い年の子供達も驚いている様子であった。

下旬は子供達の合宿指導。岐阜県は関市にあるいつもの合宿所「少年自然の家」に行って来た。教えるだけではなく、恒例のミニコンサートでは何か演奏しなくてはいけないので、ちゃんと曲を練習しておかねばならない。

そんな風にして、数々の本番が気がついたら終わっていた。だが仕事ばかりしていた訳でもなく、甥っ子の大学の卒業展示に足を運んだり、家族で大阪に旅行にも行ったり。

大阪城

ところが行った先で家人がインフルエンザにかかるなど、すったもんだもあったし、とにかく目まぐるしかった。

さて明日から新年度、差し当たって一番近くに見えてきた大イヴェントは勤務先:藝フィルの海外公演である。行き先は何とチリ。チリって何処だ?地球の裏側ではないか!少しずつ(スペイン語の勉強も含めて)準備していこうと思う。


カテゴリー: 感想・意見, 演奏会報告 | タグ: , , , , , , | コメントする

さいたま市ジュニアソロコンテストを聴いて

昨年の同コンクールでは、2日間に渡る予選を審査させて頂いた。子供達の無垢な志を生で感じていちいち感動したものだ。

そして今回は、南区にあるさいたま市文化センターにて開催された本選を審査させて貰った。審査員は自分を含めて5人。ガクタイの世界は狭いので、やはりその中にはよく存じ上げている大先輩などいらっしゃり、光栄であった。

さて、今回の参加者は昨年よりもさらに多く、400名を超えたそうだ。その中で本選出場者は54名(うち小学生12名)10時から約5時間、彼らの熱演が延々と続く。自分は例によって講評を書き綴って手が痛くなりながらも、1人ひとり真剣に聴かせて貰った。

それにしてもほぼ全員、とてもいい音がしていた。どんな楽器もまずは音色である。管楽器だけでなく打楽器も。弦楽器も鍵盤も、そして声楽も。ハナッから力強い音を求めようとして力むことなく、素直に発音するところからその楽器を始めている点がとても聴いていて心地良かった。皆んなこのまま地道に努力して更に音色に磨きがかかってくれればいいと思う。

それでもコンテストというのは、点を付けそして順位を決めなければならない。本当は全員に金賞をあげたかったなと思いつつも、金銀銅それぞれ21,18,14名と振り分けられた(1名は体調不良により残念ながら棄権)。また、合計点が一番高かった子から順にさいたま市長賞、さいたま市教育長賞、主催者理事長賞が与えられた。また、それとは別に(合計点の高低に関係なく)印象的かつ将来性を感じる演奏には審査員特別賞が小学生中学生、それぞれ1名ずつに与えられた。

ここで審査員を代表してO先生よりコメントがあったが、次のような内容であった。

「音楽は読んで字の如く“音”を“楽”しむもの。是非楽しんで演奏して下さい」
「先生やご家族等、周囲の方々への感謝の気持ちを忘れずに」
「大人になっても是非(どんな形であれ)音楽を続けて下さい」

まさにその通りであり、この言葉に感銘を受けた。予選では審査が終わると一人ずつ模範演奏してからそのまま退館できるのだが、この本選の場合は演奏後もこの表彰式に同席しなければならない。だがしかし、このように市長さんやこのO先生による含蓄のある話が聞けて、そして何より表彰の際の子供達の頑張った後のあのピュアな表情、親御さん達の喜びの表情…いろいろな顔が舞台上から見ることができて、本当に良かったと思う。

因みに今回審査員による演奏では、自分はピアソラの「タンゴ・エチュード」を演奏した。曲が曲なので一旦背広&ネクタイから黒シャツに着替えて。講評ではフルートの呼吸法についてちょっと話をしたが、省みれば去年と同じ話だったので「またか…」と思った子がいたかどうか?

この素晴らしい企画、今後もずっと続けて欲しいし来年以降も(都合が合えば)是非審査させていただきたいと思う。


カテゴリー: 感想・意見 | タグ: , | コメントする

青春のBGM

スターウォーズ・ファンの自分にとって、やはりこの年末年始の楽しみといえば新作の「ローグ・ワン」であった。まだ上映中なのでネタバレは避けたいと思うが、このタイトルの下を見ると「star wars story」とある。つまり外伝みたいなもので、本編に沿りながらもまた別の物語だ。

で、どの辺の話かというと、本編のIIIとIVの間。だが周知の通りこのシリーズはエピソードIV,V,VIそしてI,II,IIIと約30年間に渡って公開されて来た(そして一昨年末にVIIが)ので、実際には1978年に日本で公開された一番最初のエピソードIV「新たなる希望」に繋がる直前の話がこの「ローグ・ワン」なのである。

従ってこの映画、単独でこれだけ観ても勿論十分面白いと思うが、「フォース」とか「ダース・ベイダー」「デス・スター」とかを全く知らない人にとっては「へぇ〜そうなんだ」程度で終わってしまいそうである。

つい先日、WOWOWでは何とこのStar Wars全7作を3日間で一気に放送していた。これを気合いを入れてずっと観続けた人がいたかどうかは別として、このように割と短期間で全作を知るのと、自分みたいに封切られる度にリアルタイムで1本1本観てきたのでは、やはり「ローグ・ワン」の、特に映画後半における感動の度合いが違うと思う。

まあ実を言うと、自分はエピソードIV〜VIは映画館ではなく、それから数年後にテレビ放送で観ていたのだが、どちらにしても今から思えばとにかく青春真っ只中の頃である。特にこの「IV:新たなる希望」を最初に観たのは大学の仲間とアンサンブルの合宿をした時だった。その時の写真がこれ。

ローグ・ワンの話は、この夜皆でTV画面に夢中になった自分の心境に少しだけタイム・スリップできる。そんなノスタルジーを求めているのか、映画館には自分みたいに独りで観に来ているオッサンが結構沢山居た。

さてところで、自分としてはこの映画のBGMがどうなっているか、気になるところであった。

オープニングでいきなり定番の青い文字が浮かんだのには先ずビックリした。その直後例の「♪ジャーン」が鳴るかと思いきや、そこは違っていきなり本題が始まる(しかし宇宙船が惑星に近づくファーストシーンは本編とほぼ同じ)。で、物語がひと区切りついたところで、短めのタイトルロール。ここで興味深いのは元々のスターウォーズのメインテーマと最初の2音だけが同じ音列だという事。具体的には二分音符で5度上行(キィは違う)。

金管楽器をメインとしたオーケストレーションはほぼ定番。つまりこれだけで「似ているけど違う、違うけど似ている」という印象を受け、所謂“スターウォーズ・サウンド”が鳴り響いてくれる訳だ。

こういう似た音楽は他にも沢山出て来た。例えば「フォースのテーマ」や「レイア姫のテーマ」時には「パドメのテーマ」まで彷彿とさせる。だが流石にダース・ベイダーが登場した時には、他の音楽は使えないだろう。あの1番有名なメロディーがゆっくりと流れてくれた。

そして最後のエンディングとエンドロールは?この映画の流れにしてはとても意外なもので、またまた驚愕。しかしその詳細は、これから観る人の為に割愛しておこう。


尚、一連のシリーズでレイア・オーガナ役を演じた女優のキャリー・フィッシャーさんが昨年末に他界されたそうだ。SWファンとしてはとても残念である。心よりご冥福を祈る。


カテゴリー: 感想・意見, 日常・趣味 | タグ: , , , | コメントする