41年前のリベンジ

昨年、チリ演奏旅行に行って来たGフィルは、国内でもこれまで度々地方公演を行っているが、先週は初の和歌山公演だった。演目はモーツァルト作曲のオペラ「魔笛」(演奏会形式)。現学長の澤和樹先生が自らタクトを振った。澤先生はこの和歌山県の出身だそうで、さしずめ故郷での凱旋公演とでもいったところか。会場は満員の大盛況であった。

さてオケの話はここまで。折角和歌山まで来たので、宿泊先の目の前にそびえ立つ名城:和歌山城と、その隣にある県立近代美術館を仕事の合間に見学。

 

和歌山市は県の西端にあり、そこから南紀白浜や熊野古道等満喫するには、かなりの距離を移動しなければならないのだが、逆に大阪や奈良までは1時間足らずで行ける。そこで今回は本番の翌日に奈良市に寄り道して帰京する事にした。

古都奈良といえば、真っ先に思いつくのが“大仏様”と“シカ”だ。大仏様の居る東大寺には、自分が中学生の時に1回修学旅行で訪れた事があるが、当時の大仏殿は改装工事中で殆ど観る事ができなかった。何より終始団体行動だったので、南大門にある運慶&快慶のあの「金剛力士像」の迫力も、他の仏閣のスケールの大きさも、そして盧遮那仏(大仏様)の深い表情もあまり理解できず終い。今回は、いうなればそんな41年前の因縁を晴らすべく、隅々まで堪能してきた訳だ。

大仏殿

盧遮那仏

…の裏側

案の定、この日も沢山の修学旅行生が来ていた。その生徒達に混じって、さりげなくガイドさんの解説に聞き耳を立てる。生徒達は間もなくワッと去ってしまうが、その場所に長くいるとまた次の団体がやって来て同じ解説を聞く事ができる。因みに大仏様の側にずっと居ると、必ずと言って良い程「あれはパンチパーマではありません」というウケ狙いの解説が何度も聞こえてきた。

何にせよ、一つひとつじっくり鑑賞してその芸術性を味わうには、それなりに時間が必要だ。前日の美術館にしても、先月の「ジョジョ原画展」にしても、独りでこうしてじっくりマイペースで巡れるってのは、つくづく幸せだなと最近特に感じる。

芸術の秋、今年もワクワクする展覧会が続くので、暇な時に足を運んでみるつもりである。

ところで、この日の奈良公園はシカよりも多かったのが外国人観光客だ。帰るまでに、見事に全ての世界の主要言語が聞こえてきた。本当に昔に比べて激増した実感がある。帰りの新幹線まで、隣の席はドイツ人カップルだったし。


カテゴリー: 思い出, 感想・意見, 日常・趣味 | タグ: , , , , | コメントする

運命と寿命

昨今、若くして癌でこの世を去る有名人が癌で相次いでいる。考えてみれば自分の母親もそうだった。55歳と9ヶ月と7日。あまりにも早過ぎた。

ところで大雑把な計算ではあるが、つい先日、自分はこの母親の寿命を無事超えたことが判った。親よりも長生きするミッション、先ずは母親分は達成である。次は父親分だが、現時点では事故や事件にでも遭わない限り、健康面ではまだまだこの先ずっと大丈夫そうだ。


そんな事を思っていた矢先、とある訃報が飛び込んで来た。

我らが“上司”、東京藝術大学の副学長で作曲家の松下功先生が先週末に急逝されたという知らせ。G大だけでなく日本の芸術と音楽の発展の為に、あちこち精力的に飛び回っていた方である。この日もリハーサルで棒を振っていたそうだが、突然倒れて救急車で運ばれ、あっという間にあの世に行ってしまわれたそうだ。

死因は急性大動脈乖離。…って何ぞや?とすぐさまググってみたら、心臓の近くにある大動脈の層が剥れて大出血する疾患だそうだ。気になるのは原因である。「肥満・高血圧・ストレス・喫煙」等とあったが、松下先生に限って総て当てはまったようには全然見えない。まあ多少のメタボ感は否めなかったが、それだけではもっと危なそうな人はいっぱいいる。

享年66、実は今年度で定年退官だったそうだ。12月にはGフィルも振って下さる予定であった。とにかく元気いっぱいの方で、とてもこの世を去るなんて…信じられないにも程がある。

先述の癌で亡くなる人などは、当然自分の死期というものを意識するだろうが、例えば自然災害で亡くなる人、交通事故で亡くなる人など、嫌な話だが事件に巻き込まれる人は、その前日にまさか明日自分が死ぬなんて思わないだろう。その意味では、そのどれでもないのに、松下先生も同じように無念であったに違いない。

そして、我々もまた残念でならない。大好評の年末の恒例「障害とアーツ」や「レクサスコンサート」シリーズのプロデュースをはじめ、昨年Gフィルを地球の裏側(チリ)まで連れて行って下さったのも彼である。本当に、心から感謝すると共にご冥福を祈るばかりである。

アンデスのポンチョを着て(inチリ)

こうしてみると、人間の運命なんて実に判らないものであり、自分が占いなんてものを一つも信じない所以である。だが一方、まるでその寿命は最初から決まっているかのような錯覚も覚える。自分だって省みれば[あの日あの時もしかしたら死んでいたかも]という瞬間が、何度か無きにしもあらずだったから。


カテゴリー: 作曲家作品研究, 感想・意見 | タグ: , , | コメントする

新国立劇場

ここ数年、Gフィルがこの新国立劇場で演奏する機会が少しずつ増えてきた。直営のオペラ公演などは東フィルや東響などが伴奏しているようだが、Gフィルが担当するのは主にここの研修所関連。つまりここの研修生の発表会的なオペラで、これまでにチマローザの「秘密の結婚」やモーツァルトの「コシファントゥッテ」等。

そして今回9月16&17日は、様々なオペラアリアや重唱等を集めたガラ・コンサートだった。ソリストはこの新国立劇場のみならず、海外のオペラハウス(ミラノスカラ座・バイエルン州立歌劇場etc.)のゲスト研修生、また修了生として既にオペラ活動している人達、全25名の他、新国立劇場合唱団や二期会合唱団等も共演。豪華なコンサートが2日間続いた。

皆本当に素晴らしかったのに、その殆どがまだ研修生とは、ウタの世界も厳しいというか奥が深いというか…。

さて今回はその本番よりも、舞台裏に焦点をあててみる。

京王新線の初台駅を降り、階段を登ったところに楽屋口がある。出演者は事前にバーコードの付いたパスが配られる。楽屋入り口にはガタイのいい警備員が1〜2人、更に奥の受付に係員が常駐。その人達に先ずこのパスを見せびらかさなければならない。

次に、新国立劇場はオペラパレス、中劇場、小劇場と分かれているが、それぞれ楽屋口が別で、そこへの入り口の扉の処でさっきのバーコードが必要になる。「ピッ」と翳して「ガチャッ」と開くシステム。何故か中から出る時も必要。

オペラやバレエの出演者はもの凄く多いので、楽屋も沢山ある。自分などはどの楽屋だったか判らなくなる位だ。廊下の幅は決して広いとは言えないが、休憩時間等では出演者がワッと集まって寛ぐ為の、小じんまりとしたスペースがある。


マッサージ機は100円カンパで1シリーズ使い放題。

普段オペラの場合、オーケストラはピットで演奏するが、今回はガラ・コンだからオケも舞台上に上がる。舞台下手側の袖から覗くとこんな感じだ。


大掛かりな舞台装飾の石柱なんかも、裏側は木製の箱で支えられていて空洞。迂闊に寄りかかると大変なことになりそうである。

さて今回ここの舞台で演奏してみて、まあ当然と言えば当然だが、その響きの悪さにはほとほと困った。天井が体育館の舞台よろしく吹き抜けになっているからだ。つまり反響板がないのだ。オペラパレスに限ってはピットの方が吹き易いという事か。

ところでこのコンサート、実は指揮者が急遽変更になった。予定されていた飯守泰次郎氏が、腰痛が酷くて振れなくなってしまったそうだ。そこでヨーロッパからスーパーマンの如く飛んで来たのがダグラス・ボストック氏。最近までG大の招聘教授だった方である。凄いのは、あんなにテンポの変化が激しい19曲ものオペラ音楽を、ものの1〜2日ですんなりこなしてしまった事である。まるで最初から彼が振ることになっていたかのようで、こればかりは流石だなと感心してしまった。相変わらずタフなお仕事ぶりであった。


リハーサルより。


カテゴリー: オーケストラ, コンサート, 演奏会報告 | タグ: , , , | コメントする

冒険の波紋

漫画大国・ニッポンだが、一応自分にも好きな漫画というものはある。「マカロニほうれん荘」「北斗の拳」「パタリロ」とかは面白くてよく読んだものだ。「ドラゴンボール」「こち亀」等はまあ普通。巷で大人気の「ワンピース」「ナルト」「コナン」等は逆に殆ど興味が無い。中でも特にファンなのが、荒木飛呂彦さんの「ジョジョの奇妙な冒険」で、第1話からずっと読んでいる。

この度「ジョジョ」のこれまで30年の漫画の原画展が国立新美術館にて開催されている。一個人の原画展としては珍しいそうであるが、何と入場券が日時指定されている位の大人気ぶりである。

自分が行ったのは昨日の午後だが、平日にも関わらず当日券は既に完売、会場には驚く程大勢の人達が並んでいた。日時指定券なのにである。そうか、この人達皆ファンなのか。こういうものはファンの心理としては、同じ好みを共有する人がいるのは嬉しいが、かといってあまり多いと嫌なものである。う〜む、嬉しいような、うっとおしいような。。。

「ジョジョ」の何処が好きか、何故好きかと言われると、返答に困る位いろいろあるが、綜合的に自分の気性にとても“合っている”気がする。この展覧会に来ている人の殆どは、恐らく同じような感覚を抱いているのではと思う。その詳細について語るには時間が無いのでもうやめておく。

且つて自分が引き込まれたり感動したりした場面を、こうして実際の原画として目の当たりにすると、もう感激モノである。顔を近づけては「あ、アノ部分だ!」なんて、心の中で叫んでいる自分がいた。

オリジナルのパネル画もあった。今回の為の描き下ろしだそうで、それらの作画中の作者本人の動画も上映されていた。荒木飛呂彦さんはそろそろ還暦も近づいている筈だが、それにしても異常に若い。せいぜい三十代後半に見える。この漫画の重要な要素である「波紋法」を本当に体得しているのではないか!?と思える程だ。

さてここで、その一部を(ボカシをかけて)紹介する。

オリジナルパネル画

オリジナルパネル画

生原稿の一部

ある時、ある絵の前で、自分の隣で観ていた二人のご婦人。どうやらその片方だけがファンで、相方に(得意気に)いろいろと説明しているのを小耳に挟んだのだが、ちょっとその内容が正確ではないのが気になる。「いや、違いますよ」と訂正したい気持ちをグッと堪えて、展示室を後にした。


カテゴリー: 日常・趣味 | タグ: , , , | コメントする

2人の対照的な指揮者

今夏、Gフィルにも振りに来たことのある2人の指揮者が相次いで亡くなった。

一人はゲンナジー・ロジェストヴェンスキー氏。2002年春にハイドンのオラトリオ「四季」を振っ下さった。印象的なのはリハーサルだ。リハーサルというより、もう毎回GPだ。ただ只管通すのみ。1回も止めない。何も言わない。黙々と降り続ける。曲が終わるとハイさよなら、リハーサル終わりである。

だが、何をしたいのか、オケに要求していることが、その振り方で解る。その厳格な表情にこちらも緊張し、それに応えて演奏するだけで無駄なくリハが進むというものだ。本番も実にいい演奏であった。惜しい方を亡くしたと思う。

もう一人はハンスマルチン・シュ○○ト氏。この人はG大に客員教授として来ていた。リハの仕方はロジェストヴェンスキー氏とは真逆。最初の一振りで必ず止める。何が気に入らないのか、止めないと気が済まないようだ。ドイツ語で何やら文句を垂れるが、どうやら「もっと小さく」がメインの要求だ。オケの方もそれならばと必ずピアノで演奏してみるが、それでも必ず止める。渋滞とか赤信号だらけとかと同じようなストレスが溜まる。

ニコニコしていると思ったら、いきなりキレるので、仲間内では「瞬間湯沸かし器」と言われていたが、うちの湯沸かしだってこんなに早くは沸かない。

なので、結果どの本番も気持ちよく終わらせることはできなかった。あるコンサートではバリトンのソリストが本番中に歌う場所を見失い、右往左往しているうちにイキナリ「Nein!(ナイン)」と怒鳴り叫び、自分が歌いながら振る始末。まあこの時は、バリトン歌手もアホだったが、判らない振り方をする方も悪いのだ。

そんな訳でオケからの評判は芳しくなく、少なくとも自分は大嫌いで、彼の振るシリーズはなるべく乗るのを避けていた。自分も血の気が多いので、オケに迷惑をかけたくないから。その後Kフィルの常任になり、団からの評判は良かったようだが、とてもそれは信じ難い。ただのツンデレ爺々だったかも知れない。

まあそんな好き嫌いは別として、こうして強い印象を与えた指揮者がこの世を去る度に、一つの時代の変遷みたいなものを感じる。ご冥福を。


カテゴリー: オーケストラ, 思い出, 感想・意見 | タグ: , , | コメントする