書く講評と話す講評

今月初めの恒例、「さいたま市ジュニアソロコンテスト」の審査では参加者一人一人に各審査員からの講評用紙が渡される事になっていて〜これはどの大会でもあると思うが〜今回2日間で枚分を次から次へと書く作業は、このテの審査員経験者なら誰もがキツいと思っているだろう。書きたい事が沢山ある演奏などは、書き終わらないうちに次の演奏が始まったり終わってしまったりする。だから結局要点だけになったり、殆ど書き殴りになったり、終いには手が痛くなったり。

例えばだが、こんな講評『とても情緒豊かに演奏していましたね。音も高音から低音まで伸びやかに出ていたと思います。ただ、ブレスの直前の音の処理がちょっと雑だったかな?テンポの速い部分では16分音符の動きが転ばないように丁寧に吹きましょう』という文面だったとする。

計測してみた。これを書き終えるまで、もの凄いスピードで書き殴って1分50秒。考えながら書くと多分2分半から3分かかる。参加者の持ち時間は4分。つまり半分程聴いて、その時点でもう書き始めないと、その後どんどん遅れをとってしまうという完全流れ作業。勿論その中で点数も付けなければならない。

そんな時間的制約+自分の文才の乏しさ故、本当に自分のアドヴァイスは演奏者に伝わっているのかどうか?と不安と反省の入り混じった気持ちが続いていたところで、今度は講評を書かずに話すだけ、という珍しいお仕事を頂いた。


先週の土曜日に開催された「プロのアドヴァイスがもらえる発表会」。こちらは審査ではなく、聴いたそばから客席でマイクを持って演奏者に直接伝えるというシステムである。アドヴァイザーは自分の他にはピアニストとヴァイオリニスト。なので、参加者もピアノ、ヴァイオリン、そしてフルートと多様である。

今回参加者は7名、各演奏に対して3人のアドヴァイザーが専門・専門外を問わず講評を喋る。アドヴァイスの持ち時間は一応一人2〜3分程だが、それでも喋るだけだから先程と同じ2〜3分でも沢山の事を伝える事ができた。

これはこれまでにない、実に素晴らしい企画だなと思った。例えばフルートの演奏に対して、自分は専門的な事が言えるが、ヴァイオリンの先生からは弦楽器の視点から、ピアノの先生からはピアノの視点からアドヴァイスがされる。そうすると自分でさえ「あ〜そうかぁ」と“目から鱗”的な発見がある。演奏者にとっては尚更であろう。今後楽器を練習するモチベーションも更に上がるというものである。

参加者も聴講者もちょっと少なかったのは残念かも知れないが、まあ第1回企画としてはなかなかのものであり、今後この企画が発展して沢山の人達が集まってくることを願ってやまない。

記念のクッキー


この企画、会場は横浜市栄区にあるとても綺麗な市のホールで開催された。そう、埼玉からは遠いのである。地元の方が個人で企画し、鎌倉市の文化協会の後援で実現した。一方こちらのジュニアソロコンは参加者500人超えの大盛況なので、講評を直接喋るなんてまず実現不可能だが、さいたま市でもこんな企画があればいいのに、とつくづく思うのである。文化意識向上の為に市の文化振興事業団の方、如何ですか?


カテゴリー: 感想・意見, 演奏会報告 | タグ: , , | コメントする

満場一致

そして今年も「さいたま市ジュニアソロコンテスト」の審査員をさせて頂いた。一昨年は予選、昨年は本選、そして今年は予選の審査であった。2月3日(土)と4日(日)。会場は2日間共、同市桜区にある「プラザウエスト」内の「さくらホール」にて。ここはとても綺麗で響きも良く、キャパは300位か。自主公演で使ってみたいところだが、最寄りの駅が無いに等しい程遠いという、決定的な欠点がある。ご近所さんか車持ちしか、お客としては招べないだろう。

2階右側がさくらホール

隣は畑で、電波塔が聳え立つ、何とも長閑なロケーションである。

昨年の参加者は400名を超えて「凄いな〜」なんて思っていたのだが、今年は更に500名を上回ったそうだ!何故こんなに人気があるのか?

先ずこのコンクールは参加者全員が人前で生演奏ができるということ。昨今よくあるテープ審査ではない。また、伴奏は付けても付けなくても良い。この時期は風邪やインフルでドタキャンした可哀想な子もいたが、伴奏者が何らかの理由で急に弾けなくなったとしても、独りで吹いてもOK。極端な話、伴奏の有無や上手下手は、余程の事がない限り審査には何の影響もない。

当日はリハーサルもできるし、舞台上でのチューニングもOK。演奏時間は舞台で音を出した時点から4分と決められているが、もしこれを超過した場合、演奏は途中で切られるが別に失格にはならない。

そして審査終了後は、表彰式までの間に審査員による「ワンポイントアドヴァイス」と「ミニコンサート」がある。参加者にとってはなかなかの至れり尽くせりで、これだけ待遇が揃って参加料が何とたったの1,000円(本選は+2,000円)!流石にこれはもうちょっと値上げしてもと思うのだが…。

さて、2日間でこの500余名を“捌く”には、どうしても複数会場で同時進行せざるを得ず、 4箇所で1日約60名ずつ審査していくが、それでもなかなかキツいものがある。そして審査員は各箇所3名。この3名で目安として小学生2名、中学生4名の本選出場者を選出していく。60人の中から6人、つまり1割。結構狭き門だ。

という事はもう、審査員による採点のバラつき(◯○先生は高く評価してくれたが、△△先生は厳しかったとか)があってはもうアウトな訳で、3名全員が『ウマイッ!』と唸るような演奏をしないと本選には上がれない。たった3人でも“満場一致”が突破の条件なのだ。

何だかんだでやはりこれは熾烈な戦いなのだが、受かった子も落ちた子もこの為に相当な練習を重ねた効果は決して無駄にならず、皮肉にも本番後にレヴェル・アップするものなのである。なので、この500名の参加者全員がこれから春までの間にグン!と上手くなる事は確実。まさに「参加する事に意義がある」コンテストなのだ。

本選は来る2月18日(日)会場はさいたま市文化センター小ホールにて。自分は他所で本番のため聴けないが、出場が決まった子供達の健闘を祈っている。


カテゴリー: その他研究・考察, 感想・意見 | タグ: , | コメントする

師匠と弟子(ネタバレ注意)

昨年末から楽しみで仕方なかった「スターウォーズ エピソード8〜最後のジェダイ」を今月に入ってもう3回も観てしまった。一般的にはそんなに泣く映画でもないのに、もう毎回毎回決まって涙で目を真っ赤に腫らして退館する自分がいる。

何でそんなに泣けるのか?その感動的な場面は取り敢えず3回。三度も観ればある程度“免疫”もつくだろうに、、、全然つかない!冷静に観ていられなくなるのは何故かというと、その全てが昔のエピソード4(1977年)と5(1980年)の再現みたいなシーンだからである。この3場面には必ずルーク・スカイウォーカー=マーク・ハミル本人が登場している。

と、これら全てについて細かく述べるのは時期的にまだやめておこうと思うが、こんな風にすっかり爺さんとなってしまったルークが、主人公のレイ(=ディジー・リドリー)にフォースについてレッスンをする場面がある。いうなれば師匠と弟子の関係。ところが話がいろいろ拗れてしまってレイがルークの元を離れて行ってしまい、失意のルークの処に今度はかつてのルークの師匠が霊体となって現れていろいろ説教する(自分が一番顔がグシャグシャになるシーンだ)。


さてところで話は思いっきり変わり、自分の嘗てのフルートの師匠、川崎優先生が卒寿を迎えられて、その記念演奏会に参加すべく浜松まで馳せ参じた時の事。確か今から6年位前だ。コンサートの最後には弟子達全員によるフルート大合奏があり、川崎先生が指揮をした。弟子達と簡単に言うが、その中には我々の大先輩達、そして往年の名プレーヤの方々も揃っていて、自分などはその下の代、つまり孫弟子の立場だ。

リハーサルでは全員に「よく指揮を見て合わせて」とか「ピッチ!」「バランス!」等、まだまだお元気な先生の檄が飛んだ。何歳になられようとも、幾ら時間が過ぎても、自分にとってはそういった大先生達も、川崎先生にとっては生徒な訳で、皆さんたじたじとなっていたのが何だか印象深かった。


話を「スターウォーズ」に戻すが、37年前のルークと師匠の関係は、今回のエピソード8でも変わらず続いている様子を観て、どうしてもこの卒寿コンサートの事を思い出してしまう。自分だって偉そうにレッスンしたりしていても、我が師匠の前ではまだまだ学ぶべきことも沢山あるのだろうな…と痛感する映画なのであった。


カテゴリー: コンサート, 思い出, 感想・意見 | タグ: , , , | コメントする

魂のウィンドチャイム

昨年9月のアマチュアフルートアンサンブル“えむ”のコンサートでは、プログラムの一つに星座を音符にした「星空紀行」という自作を披露した、という記事を先日書いたが、この曲の中ではウィンドチャイム(別名:ツリーチャイム)がオプションとして使われている。キラキラと輝く星のような音色を放つ素敵な打楽器であるが、当時このウィンドチャイムを担当したのが、メンバーの一人、黒一点のIさんであった。

Iさんは普段とても大人しい方だ。余計なことは一切喋らず黙々と練習し、それでいてやるべきことはきっちりこなす。なので女性ばかりのこのアンサンブルでもひと際信頼を得ていた。ウィンドチャイムを任されたIさんは、自宅でも張り切って相当さらっていたらしい。曲中5回、そして終わりにもう1回「キラキラキラ…」と鳴らす設定だが、その練習の成果あって、彼は本番でも美しく奏でてくれた。指揮をしていた自分もとても嬉しかった。

ところがこの演奏会の約1ヶ月後、Iさんが急逝してしまった。癌だったそうだ。全くそんな様子はなかったのに…ショックで天を仰いだ自分だったが、後日ふと思い立って追悼の曲を作曲し、彼を偲んで演奏することにした。

名付けて『“えむ”のレクィエム(鎮魂歌)』。三部形式のこの曲の中間部には賛美歌第320番「主よ御許に近づかん」を引用している。キリスト教のお葬式でよく歌われる歌だ。そして、この曲の最後の和音の時に1回だけこのウィンドチャイムを鳴らすようにした。楽器はステージ外にセッティングし、Iさんが天国で応えてくれる、という演出だ。

そうして年が明けて今月の21日(日)、教えている3つのアマチュアフルートアンサンブルの合同演奏会「くつろぎコンサート」にて、この曲を演奏。ウィンドチャイムは家内が担当し、天国のIさんに届ける思いでしめやかに、そして無事に演奏を終え、関係者の涙を誘った。

ところでこのウィンドチャイムというのは結構デリケートな楽器で、ちょっとした振動でも全体がワラワラと鳴ってしまう。綺麗な音色なのだが、必要ない時に鳴ったりするので取扱いには要注意だ。だから当日は、絶対に風や振動などの影響を受けない所に人知れず静かにセットしておいたのだが…。

家内曰く、何故か何もしないのにひとりでに鳴っちゃって困ったそうだ。自分はステージ脇にて進行のMCを担当していたのだが、確かに関係のない時に控え室から「キラキラ」と聞こえてきて「誰だ鳴らしてんのは?」なんて思っていたのだが、、、

もしかしたら本当にIさんが来て鳴らしたのかも知れない。

まあ正直言って自分は魂とか霊とか一切信じない現実派なので、多分これもちょっとした空気の流れや温度変化等の物理的な作用によるものに違いないのだが、このように彼の魂がやって来て鳴らしたというのであれば、それはそれでイイ話ではないか。

残念ながら50代半ばにしてこの世を去ってしまったIさん。あまりにも早過ぎる人生の終止符であったが、彼の思い出を胸に更に良い音楽を作り、アンサンブル活動をしていきたいものである。


カテゴリー: コンサート, ソロ・アンサンブル, 演奏会報告 | タグ: , , | コメントする

振り初め

先日何となくアルバムを見ていたら、若かりし頃にブラスバンドの指揮をした時の写真があった。大学卒業後、とある私立高校のバンド指導を数年程していたことがあり、その本番時に業者に撮られたものと思われる。

確か埼玉県の「私学文化祭」だったと思う。県内の私立高校の文化部が集まってそれぞれ演奏や展示等披露するイヴェントで、会場はさいたま市文化センター(当時は浦和市文化センター)だった。

当時のブラバン(←今はあまりこういう呼び方はしないのかな?よく『吹部』なんて言われているし)はメンバーが少なかったからか、会場はどうやら小ホールだったようだ。全く憶えていないが。

話は変わって昨年の9月、アマチュアのフルートアンサンブル“えむ”の定期公演で棒を振った時に、同じように舞台袖から何枚か撮って貰った写真があるが、その会場が奇しくも同じホールだ。

という訳で、面白いのでこの2枚を並べてみた。上手からの54歳と、下手からの22歳。

じっくり見ていると、この間の30余年って実に深いものだと思う。右側の自分はどんな振り方をしていたのだろう?つくづく動画を見てみたいものだ。

と、感慨に浸る暇もなく、今週末にはやはりこの文化センターにて棒を振る仕事が待っている。今年の仕事初めは早速ショスタコーヴィチのピッコロ・ソロだったが、振り初めも意外と早い。準備に追われている毎日である。


カテゴリー: コンサート, 思い出, 演奏会案内 | タグ: , , , | コメントする